デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか

Beater

24 こちらから行こう

「はぁっ、はぁっ、はぁ……っ」
「ほらほらっ、もう終わりか!?」
計画通り、シータとツツラの鬼ごっこが開始されていた。


「人間側の勝利条件って、どうなってる?」
まず、そこを抑えなければ動きようがない。
「一人も死なないこと」
アニセラの簡潔な返答。
一人も、か。
実践するのはなかなか難しいだろう。
「それを、踏まえて。なにか作戦ある?」
女子二人の顔を見るが、どちらにもはっきり無い、と書いてあった。
……仕方ない。
まだ回数をこなしていない俺はこういう時の常套手段ともいえる戦法を選ぶとしよう。
「反撃ってあり、だよな?」

やることは簡単。
急所をやられた生徒をシータがタッチ。
俺とアニセラがツツラとナイケを一人ずつ挟み撃ちにして倒す、という言葉にすれば簡単な連携。
他の人間を助けて回るシータが、魔物の一人を引きつけている間に、俺たちがもう一人を片付ける。
これにはシータの足の速さ、どのタイミングで挟み撃ちに出るかの判断力、どんな状況にも対応する機転が必要だ。
しかし相手も何度となく魔物役を担ってきた強者。
容易に突破は出来ないはず。

「反撃ってあり、だよな?」
「え、ええっと、考えたことなかった……。多分、いい、と思うけど」
自信なさげなシータはアニセラを見た。
「私も、多分、問題無いと思う」
こちらも無表情の中に戸惑いがある。
きっと、魔物に対抗して戦う、という選択肢が無かったのだ。
先生は、この展開を望んでいる。

「許可されているなら、それでいこう。俺とアニセラで奴らの急所を叩く」

〜*〜*〜*〜*〜
英検受けるとかそんなの気にしないBeaterです。
今週の土曜にあるとか知りません。
なんとかなる、って自分を信じてます!
フォロワーの皆様、俺が英検合格するよう祈ってください( ̄▽ ̄)
それでは、また次回に。

「デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く