デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか

Beater

19 女の子と……デートのフラグ?

「おはよう、アニセラ。早起き、なんだね」
朝起きて食堂へ向かった俺はアニセラに挨拶した。
早く起きたつもりだったけれど先を越されてしまった。
……今日はまだゴルテとは話していない。
もう目を覚ましている感じではあったけれど、あちらが無視しようと思っているのなら、こちらは好きにするまで。
「今日の献立、ジャガイモとお肉の煮物。これ、わたしのお気に入り、なの」
エムシアからお皿を受け取ったアニセラは近くの席に着く。
俺も続いて朝食を受け取り彼女の隣に座った。
「「いただきます」」
フォークでジャガイモを突き刺して口に持っていく。
咀嚼。
「美味しい、これ」
「でしょ?」
無表情な顔の中で唇が綻んでいるのが見えた。
「うん。アニセラがこれ気に入っているのも、分かる」
同意しながらもう一つ食べる。
甘くて、しょっぱい。
母さんの芋煮みたい。
……ああ、そうそう。
「俺、あの店の店主に、聞きたいことができたんだ。次の休み、一緒に行かない?」
ゴルテのことを知っているかあの人に聞いて確かめなければいけない。
シータとツツラには言いにくいから彼女に頼もうと思っていたのだ。
少しだけ首を傾けたアニセラは首を縦に振った。
「ん。分かった」
その簡潔な答えが嬉しかった。
初めて同年代の子と外出する約束をしたこと。
それだけのことが無性に喜ばしかった。
「それまで、頑張ろう」
「……わたしの方が先輩、だから。分からないのあったら、教えてあげる」

その申し出に頬が緩むのを抑えられなかった。

〜*〜*〜*〜*〜
最近書いては消えることが多い気がします((
また書いて消えたのです。
つ、疲れる……。
それはさて置き、アニセラルートへ突進の予感!?
幼い男女が街へ繰り出す姿……これはリア充ではない、リア充では、ありませんよね?(作者は恋人いない歴=年齢)
立派なフラグ建築士に、俺はなる!←

「デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く