デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか

Beater

17 古本屋にて

「し、失礼しま~す……」
シータが若干震えた声で言う。
ドアを開けた先はお店の外見通りに狭い。
全体的に明かりが少なく、店の奥がよく見えない。
お店の経営的にどうなのだろう。
そしてカウンター。
本屋に来たことは一度もないけれど、本を売っているからには手にとって見られるのかと思ったがそうではないらしい。
「フーク、早く帰ろうぜ、こんなとこ出て」
ツツラに小声で耳打ちされる。
……興味あるんだけどな。
一応聞こえたことを示すために首を縦に振った。
「ーー何をお求めで?」
四人揃って飛び上がった。
「おやおや小さいお客さん方で。いつもの子も居るみたいだがね」
やはりそれはアニセラを指しているのだろう。
気配の感じられなかったその
人物はカウンターに座っていた。
フードをすっぽり被った小柄なひと
店の外で聞こえたイメージした老婆と見事一致する。
だがアニセラのとんでも発言によって店外でもはっきりと声が聞こえたことに対する訝しさは吹き飛ばされてしまった。
「今日は、お婆さん、なんだね」
「スッスッスッ……そうねえ。お嬢ちゃんが前回来た時は中年のオヤジだったかね?」
「そうだった。その前、はわたしと同じくらいの女の子」
不思議な笑い方をする老婆との会話は理解の範疇を超えていた。
姿が変わっている、ということ?
シータ、ツツラと顔を見合わせる。
二人の表情にも疑問が表れていた。
代表して物怖じしないツツラが訊く。
「お婆さんは……魔法が使えるの?」
「そう、だよ」
答えたのはアニセラだった。
「来る度に容姿が、変わるんだよ」
その内容に驚きを禁じえない。
村にはそもそも魔法など存在しなければ、また想像の産物と思われていた。
それが、こんな寂れているいるどころか何人に認知されているかも分からない店の店主が魔法を扱えるとは。
確かめたい。
その欲求が抑えられない。
「本当に、それは魔法……?」
特に深い意味があって発した問いではなかったが思わぬ返答があった。
「初めて問われたね、それは。よく疑った。ご褒美に一つ本当のことを教えてやろう」
スッスッスッスッ。
非常に不可解な笑いだ。
「これはわしが自分でやった魔法ではない。そりゃあ魔法の嗜みはあるがね、これは違う。じゃあ何かと訊かれれば答えづらいのじゃが、敢えて言葉にするなら

呪い

じゃな」

〜*〜*〜*〜*〜
運営ネ申。
バ○ドリ復旧できました!
うぇーい!
そしてこころちゃんが出ますようにと願った結果!
なんと!
☆4さや と ☆3正月りんこ×2。
何があってもこころちゃんは出ない。
石ためよう!
喜びに酔いしれる17話でしたー。

「デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く