デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか

Beater

13 親切心……恐ろしや

なんだかんだいいつつも明日は来る、とはよく言うだろう。
それと同じで、なんだかんだいいつつも授業は始まった。

「ーーよし、皆揃ってるな。おい、タマイ! うつらうつら船を漕がず目を開け! ……全く。朝だからこそしゃっきりするんだぞ。おっと、話がずれるところだった」

タマイ、という生徒の頭を乱暴にかき混ぜたキウース先生は俺を見て、明るく笑った。

「今日は新入生にとって始めての授業だからな、概要、というかここで何を教えているかをかるーく説明していこうと思う。皆、異議は無いな?」

へーいだの、うぇーだの、やる気の感じられない声が幾つも上がる。
……やはり、俺は歓迎されていないのだろうな。
そんなことを真剣に考え込む柄でもないけれど。

「まずは当たり前にこの国の言語だ。この教室に入ってくる奴らはほとんど読み書きが出来ねえのばっかだからな」

新入生は読むのは出来るみたいだがな。
先生がそう言った後、チラ、とこちらを見た女子生徒がいた。
彼女も入学したては読み書きができなかったのだろうか。

「次に、軽い動きの訓練。昨日した遊びのように、実戦に通用する……なんていえないような、護身術に収まるレベルの戦い方を身につけてもらう。こらタマイ! つまらなくてもいいから確認として聞いておけ!」

再び注意されるも、彼の頭はカクカクと揺れている。
あれはもう、放っておくしかない。
先生も諦めたのかため息をついてこめかみを抑えた。
それにしても、軽い動き。
急所に当てる訓練……護身術止まりの技術、か。

「最後は、無論! コミュニケーションを取ること! 以上!」


さ、最後のが……一番俺の心を抉った。
いいこと言ったな俺、みたいな顔で俺を見るのはやめてください、先生。

〜*〜*〜*〜*〜
キャラが迷走してる感が否めない今回も楽しんでいただけたでしょうか。
……一番更新頻度が低いこの話、だんだん神数が増えています。
感謝が三つも四つもあっても足りないくらいです。
バン○リを頑張りながらも更新していきます((
次回もお楽しみあれ!

「デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く