デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか

Beater

12 今後、どうしていこうか

「…おはよう、ゴルテ」
微かな声で言った。
昨日、俺の歓迎会…のようなものが開かれた後、ちょっとした話をした。
人、ひと、ヒト。
難しいものだ。
しかし目下の問題はこの学び舎の中で何をするかである。
そして人間関係。
昨日のように遠巻きにされるのは気が楽でいいが、また先生に何やら声を掛けられるのは良くない。
俺の心の状態に。
今後どういうスタンスでいくのかをゴルテと相談しなければならない。
でも…今日、もう一度様子をみてからでいい。
少しの物音で起きてしまうだろうゴルテに気付かれないよう着替え、部屋の外に出た。

ええっと、食堂は…。
部屋の扉が並ぶ2階から降りるも、昨日案内された食堂の位置がわからず右往左往してしまった。
そんな時
タンタンタン、タンタンタン
何かを叩く音が聞こえてきた。
これは…お母さんが台所に立ってる際に立てる音。
つまり。
「ここ…食堂であってますか?」
ドアの分がくり抜かれたところに頭を突っ込み声を掛けた。
「んん?あ、あ、あ!」
その空間の奥にいる女性が俺を指差し何事か叫んでいる。
「キミ!一昨日来たばっかの新入生クンだね!?」
台所と食べる場所を区切っているのだろう簡単に留められた板をを退け、こちらに向かってきた。
この人がここの主なのだろうか。
「ね、ソウだよね!」
満面の笑みで言われては頷くしかない。
「俺の他にいなければ、ですけれど…」
「ワタシはそんなこと聞いてないからきっとソウだよ!うんうん。聞いていた通り素直そうな子じゃないか。ワタシの名前はエムシア・クークタリ。これからよろしく!」
あの先生や校長先生から俺の名前くらい教えてもらっているだろうに期待に満ちた目で俺の名乗りを待っている。
…無視できないじゃないか。
「俺、は。フーク・サチハク。よろしくお願い、します」

これが、俺がここに来た日に食べた絶品スープを作った人との邂逅だった。

〜*〜*〜*〜*〜
久々に投稿したBeaterです。
時間をあけてしまい申し訳ありません。
暫く携帯を使えない状態だったのは確かですが、その後もスマホゲームにうつつを抜かし(テストもありました…)昨日更新したパンピーの方ではなく此方にフォロー数(自分はこれを神数といいます)が増えているのにビビり、急いで書いた次第でございます。
今回も楽しんでいただけたでしょうか?
次回から数話、フー君が今後どうするか、作者共々考えていきますので、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

「デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く