デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか

Beater

10 人と…話すの?

「こいつが、新入生のフーク・サチハクだ。よろしくしてやれ」
「はい」「え〜」「はーい」「ちっ」
その他諸々。
何とも言い難い。
歓迎されているのかされていないのか。
どちらにしても構わないのだが。
俺を含めず総数7。
思ったより少ない。
少なくとも30人くらいはいると思っていた。
「よろしく、頼みます」

「………悪い知らせだ」
校長の部屋より広い教室。
床の上にはただ机と椅子があり、座った時の正面には黒い板。
あれは、何だろう。
「悪い知らせー?」「なーんでーすかー」
口々に言葉を発し、訊き出そうとする生徒。
先生生徒間の中は良好なよう。
先生ーーキウース・ナムラと名乗った。校長との関係は…兄弟、または双子かーーは漸く重々しく口を開いた。
「新しい生徒が来たので」
今日は遊ぼう!
…そんなので、いいのだろうか。

「はあ」
こんな大勢で遊ぶことがなかったため、俺は戸惑っていた。
プラス。
俺は何故か遠巻きにされていた。
皆は今中庭にて、致命傷になるような場所を木の枝突つく、という遊びをしている。
何だか物騒な遊びだ。
「おや。新入生があの輪に入らないでどうする」
後ろから声がかかる。
「…入り方が、分かりませんし、入って、どうするのか分かりませんし、人とどう話すのか、分かりません」
「あらま。じゃあ、ここに来るまでは何をしていたんだ」
「母と、父と、耕作を…」
「同年代と話したことは」
「独り言くらい…」
「………」
「………」
二人して黙り込む。
しかし、この方が気楽だ。

結局、誰にも話しかけず、話しかけられず、俺の歓迎会らしきものは終わりを迎えた。

「デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く