デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか

Beater

7 今日は寝よう 道のりⅤ

「あら、いいけれど…」
あなた、一人じゃない。
そう言われ、慌てて付け足した。
「えっと、人じゃないんです」
なんて切り出せばいいのだろう。
ただの狼?
それとも言葉を操る狼?
精一杯誤魔化して…かわいいかわいいワンコです?
よしこれだ。
「かわいいかわいいワンコと一緒なんです」
「あら、そうだったの!さあさ、雨も降っていることだし、早くお家に入れてあげなさい。ほらあなたも!」
「ゴルテ。おいで」
(余計なことをするな…。この者が腰を抜かしたらどうするのだ)
まだゴルテは姿を現さない。
頭で彼ーーで統一することにしたーーが喋っているようだ。
声がよく響いている。
俺もできるのか。
(早く来て。この人優しそう)
そう言っただけなのにゴルテは高らかに笑い出す。
(笑ってないで。早く。)
(クククッ。やはり面白いな!それと面白さに対するチップとして忠告だ。表面に惑わされるなよ)

「ありがとう、ごさいました。明日、日が登る頃に出発しますので。…図々しいお願いだけれど、明日の朝とお昼の分を」
「はいはい。作っておきますよ。それに、明日もそんな早くなくていいのに」
「さすがに、それは迷惑になるので」
「そぉお?ほら、ワンちゃんもおやすみ。じゃあ、私は食事をして、寄りをかけてお弁当を作って来るわ。自分の家のようにゆったりしておやすみなさい」
「ありがとう、ございます」

「なんだ、あの者は。この私の格が犬ころ程度だと言うのか全く。だから年を取ったものとまだ幼いものは…」
「ゴルテ。また明日歩く。寝よう」
「さすがに明日にはその街へ着く」
学校へも着けることだろう。
用心しろ。

警戒するゴルテ。
忠告。
用心。
街に、何が待っているのか。

「おやすみ、ゴルテ。また明日」

「デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く