デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか

Beater

1モノローグ的な何か

「えー、なにこれー」

デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか

つんつん
これ、ぷよぷよふにょふにょしてるな。
青い液体が固まったみたいな物体が落ちていた。
つんつん
つんつんつん
つんつんつんつん
つんつんつんつんつん
………
よし。
試しに枝でも刺してみるか。
腕を振り上げて勢いをつけ、下ろす!
ぱひゅっ
情けない音がした。
割れた袋のように広がって消えた。
何だったのだろう。
暫くそのまま屈んでいると。
「フー!お昼よ、手伝いに来なさい!」
家から母さんの声がした。
「今行く」
言うや否や立ち上がって家へ向かう。
が、ピタと足を止め振り返った。
先程まで魔物が居たところを。

俺はフーク・サチハク。
そして机の向かいに座る二人はヘンツ夫妻。
奥さんのホサイ・ヘンツと旦那さんのマシム・ヘンツ。
まあ見てわかる通り義理の両親、というか育ての親だ。
このご時世によくある捨て子の一人が俺だったのだ。
悲観することでもないし、親を見返すためになどと発奮したりもしない。
ただただ平々凡々に平和に平穏にこの凡才を活かして生きていきたい。
だから、この快適な家を出て行く理由も無かった。
母さんがこの台詞を食卓に落とすまで。
「     」

「デフォが棒読み・無表情の少年は何故旅に出るのか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く