例えばそこに咲く向日葵のような
文学

連載中:1話

更新日:

例えばそこに咲く向日葵のような

  • あらすじ

     誰しも、忘れたくても忘れられない、初恋の人がいる。
     主人公、伊原拓海は高校二年生。比較的端正な顔立ちに生まれ、成績も優秀。運動も苦手じゃない。傍から見れば一見ごく普通の幸せな人生だった。
     しかし、彼には誰にも話した事のない悩みがあった。
     十七年間、自分を偽り生きる事に疲れた彼は、ある晩家から飛び出してひたすら走った。そこでたまたま見つけた古びた公園。
     そこで巻き起こる全ての事が、後に彼にとってどうしても忘れられないものになって行く。

    キーワード

「例えばそこに咲く向日葵のような」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品