寿久くんのスマートフォンは面倒だが超絶可愛い

青キング

第6話コマンド入力は慎重に

「なんで泣いてるんだ?」


呆然と寿久は、ぽろぽろ涙を流す美少女スマホに問い掛けた。
だが美少女スマホは表情筋は動かず涙を流れるままにして、返答する気色はまるで見せない。

「どうなってんだ、これ。なんでスマホのお前が涙を流せるんだよ」

想像し得なかったドラマのような事態に、目下寿久は直面している。
人工知能は感情を持たない、言い換えれば人間味がないということになる。それが世の常である。


「どうすれば涙が止まるんだ?」


何とかしようと寿久が思案を巡らし始めたその時、美少女スマホの涙がぴたっと止まって瞳の光が消えると口調の起伏を平らかに告げ始めた。


「この端末はエラーしている可能性があります。処置として最新版にバージョンアップすることをお勧めします。今すぐ行いますか?」


胴部分の液晶いっぱいがバージョンアップ画面になり、バージョンアップとキャンセルのコマンドが現れる。


「エラー? バージョンアップ?」


様々な疑問が募り、ついさっき耳朶を打った美少女スマホが口にした台詞中の二つのカタカナ語を単体だけで口にするしか寿久の脳は働かなかった。
とはいえ窮余の策すら寿久は思い付かない。


「バージョンアップすればエラーが直るのか?」


藁にもすがる思いで寿久は、バージョンアップを実行することにした。
人差し指がバージョンアップのコマンドをタップしようとして、電撃が如く脳裏に悪い予感が走ると、すんでのところで人差し指が強張ってコマンドをタップできなかった。
バージョンアップで須真保が美少女でない普通のスマホに戻ってしまうのではないか、そんな懸念が寿久を峻巡させた。
そして、はたと思い至る。
もしかすると今の美少女の状態がエラーなのでは、と。


「お前がエラーなわけあるかよっ!」


寿久は早合点で、バージョンアップのコマンドをタップしかけた人差し指を素早く引っ込めて怒鳴った。
応答なし。
寿久は歯噛みし、苦々しげにぽつりと呟く。


「今日バレーしてた時より、今の方がよっぽど気持ち悪い」


寿久は人差し指でバージョンアップのコマンド左隣、キャンセルのコマンドをタップした。































          

「寿久くんのスマートフォンは面倒だが超絶可愛い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く