美少女マスター異世界でハーレム作る?

ハルキチ

1日目終わり

俺の目の前に裸の女の子見た目は銀髪のロングで胸近くまである、身長150くらいで胸はそこそこある多分ウエストから計算するから大体C〜Dだそして片手に本をもっている

「初めまして、神田様、私は、アカシックレコードと言います、よろしくお願いしす」と頭を下げるアカシックレコード

「えっと、よろしく、アカシックレコード」とりあえず挨拶を交わした

「あの、神田様、鼻の下が伸びてますよ」とアカシックレコードが言った

「アカシックレコードさん、何か来てください」と女の人が言った

「服ですか?私は、服を持ってないです」と返すアカシックレコードそんな会話を聞いて俺は、とりあえず顔を逸らすそこには、前屈みになった男どもと鼻血を出している物我関せずとしている勇也がいた

「何で服を持ってなんですか」と女の人に言われるアカシックレコード

「なんでと聞かれましても、産まれてくる時に赤ちゃんは服を着てませんそれと一緒です」と当たり前のことを言われて困ってる顔をしている、女の人の顔を見ると口を開けてポッカーンといているので使えなさそうなので俺が気になった事を聞いて見る

「ってことはアカシックレコードは、今生まれてきたってことか?」とアカシックレコードをみないようにはなす、そしてブレザーを脱ぎそれを渡す

「はい、神田様の力で召喚と共に産まれて来ました」と平然と答えながらブレザーを着た

「俺のって、そういう力なのか?」と聞いて見る事にした

「神田様の力がで私を構成したので、元々は体を持ってない霊体に力を与え、召喚で私のようなものでも出てこれたという事です」というアカシックレコード

あまり、理解ができなっかたがそういうものと考えた方がいいと言うことがわっかった

「七期とりあえず、ちゃんとした服を着てもらえ」と鼻血拭いたような跡のあるヒロキが言う

「だな、このままなら風邪を引きかねないよな」と俺は言うが(((イヤイヤそこじゃないだろうお前裸の女性をそのままに普通しねぇーよ)))とクラスメイトが全員心の中でツッコミを入れる

「姫さま、服を持ってきました」と女の人に女兵士が伝える

「ありがとうでは、アカシックレコードさんこちらの服を来てください」と姫と呼ばれた女の人が言う

「ありがとうございます」と言い、その場で服を着はじめるアカシックレコードそれを男子生徒は即座にそっぽを向く、俺も目を逸らす流石に召喚したからと言って即座に裸の女の人を見るのはどうかと思う

「それで、アカシックレコードはどんなスキルがあるんだ?」と気になってしょうがない事を聞いてみた

「神田様が念じてもらえればスキルを観れると思いますが公開しますか?」と俺に聞き返すアカシックレコード

「う〜ん、どうしよか」と悩んでいると「スキルはあまり公開しない方がよろしいかと」と教えてくれる姫

「なら、俺が観てから公開するか決めるか」と言う

「それが良いかと思います」とアカシックレコードと言う、そして、念じてみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アカシックレコード
0歳
Lv1
体力 200
魔力 1000
耐性 500
筋力 100
知力 5000
固有スキル
ワールドブック、パーフェクトレポート
スキル
魔法(光、火、水)念話
職業 神田七輝の使い魔

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という感じで観れた、なんだよ知力5000っておかしいだろしかも固有スキルワールドブックってそこらへんにあるガイドブックレベルが世界規模になったのかよそれとも世界地図かおい!!と訳がわからないが観たことを一応教えておく
 
「「「知力チートかよ」」」」とみんながツッコム

そんなこんながありその日のスキル公開を終えてその後は、姫から現状をきいた
 まとめてみた
* 魔族と戦争が各地で行われている
*その最前線がここ、テール王国
*他の国は我関せずと言う感じで行っては、いるが物資は送ってくれてはいる
ということがわかった
そんな、1日が終わり明日から訓練が行われる…

「美少女マスター異世界でハーレム作る?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く