美少女マスター異世界でハーレム作る?

ハルキチ

召喚2

女の人に言われ俺たちは王宮の庭に出た

「勇者の皆さんこれから、スキルを使ってもらいますでは、御剣さんからお願いしますか?」

と女の人に言われた勇也、勇也の名前知ってるんだなと思った、勇也がここで使うのは聖剣召喚だろうな

しかし、どういう感じでスキルを使うのだろう

「すみません、スキルを使うにはどうしたらいいんでしょうか?」と俺も思ったことを聞いてくれた勇也

「あぁ、そうですよ、あまりのスムーズに進むので異世界から来られたことを忘れたいました」と思った以上にトントン拍子で進むっから忘れていたみたいだった

「では、まず使いたいスキルをイメージしてください、イメージをしてもらったらスキル名を呼んでもらうのが早いですね最初は」と教えてもらった

「スキル名を言うのですか?それは相手にスキルを教えることになるのでは?」と疑問に思ったことを直ぐに聞いた勇也
 
「スキルは慣れてくれば身体の一部みたいに使えるようになります」

「なるほど、わかりました。」
「聖剣召喚」と勇也が言うと勇也の目の前に眩い光った

 俺は眩しくて目を瞑り数秒後目を開けると勇也の前には先ほどより眩しくはないが光ってる剣があった。
まぁ、見た瞬間、聖剣だとわかる剣があった

「なんか神々しいな」と呟いた

「これが、聖剣なんですか初めて見ました。」と女の人が言った

「らしですね、私は、今聖剣召喚をしたので」と勇也が言った

「召喚を行なった人はその召喚物の力を見ることができます」と女の人が言った

へぇーそんなことができるんだ、だけどどうやって見るんだろうな

「その召喚物は、どうやって力をみるんですか?」
と尽かさず聞いてくれる勇也

「それは、力を見たいと思いながら目を瞑ると見れます」と言う女の人

「なるほど」と言ってたから目を瞑ると勇也そして直ぐに目を開けると「聖剣 クルセイダーと言うらしいです、スキルはステータスを2倍にしてくれるそうです」と聖剣の説明をした勇也

なんと言うかたいしたスキルじゃない、と俺は思った

「あまりパッとしないな、七輝」ともう1人の友人が話しかけてきた

「ヒロキも思うか、だよな、俺もそこまでチートじみてないよなステータスは異常に高っかたけど」と返す

「七輝お前、勇也のスキルを見たのか?」

「あぁ、俺のスキルを見せる代わりに見せてもらったぞ」

「へぇ、相変わらず仲良いなお前ら」と話してくる

「仲良いかは別として腐れ縁だからな」とヒロキに返した

そして、沈黙してしまった。

「ヒロキお前はどんなスキルだったんだ?」

「いや、俺のは聞かないでくれ」と苦笑いをしたヒロキ

「お前も嫌なスキルがあったのか?」とそこだけを聞くおれは、ヒロキの顔を見てみたヒロキは、縦に顔振ったそして、ヒロキは口を開いった

「お前もってことは、七輝、お前もなのか!」

「だから、スキルは聞かないがここで何のスキルを使うんだ?恥ずかしい奴を」

「それなら、変身スキルがあるから平気だよ、ただ職業と違うスキルがはぁ」

「なるほど、お互い頑張ろうな」と固い握手を交わすヒロキと俺

それから、クラスのメンバーが次々、スキルを使っていく

「七輝お前の番だぞ」と声をかける勇也

「あぁ、あれを言わないといけないのか」と乗り気になれない俺をみたのか勇也が近づいてきたそして、耳元で、「美少女がお前の前に出てきて、マスターとか主人とかお兄ちゃんと言われるだぞ、お前の好きなエロゲーとかでしかないシュチュエーションだろ」と囁く

「あぁ、確かにそうだ、確かにおマスターや主人は聞けないなぜ気づかなっかたんだ馬鹿野郎だ俺はなにをしていたんだ、なぜ恥ずかしがってたんだー」と勇也に言われてテンションが上がる

「よし、俺はやるぞ今すぐ召喚するぞ」と宣言した

「テンション上がりすぎだぞ、七輝」と呆れながら言う勇也そんなこと気にしない

「美少女召喚」と俺が言うと少し力が抜けそうになるが気にしないそして、勇也と同じように俺の前が眩く光った

「美少女マスター異世界でハーレム作る?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー109904

    아직 2화밖에없지만 기대하겠습니다. 힘내세요 ㅎㅅㅎ

    1
コメントを書く