地球に転生した奴がまた転生しました

基地外

第四話

さあっ、あれから早3日。結構くまなく探してるんだけどな、村どころか人すら居ねぇ。その代わりと言ってはなんだろうが、モ〇スターハ〇ターみたいな奴がめっちゃいる。モ〇ハンみたいな奴って言っても攻撃してこねぇような奴だ。これでもいい関係を築けていると思う。指示すれば従ってくれる。

何故こうなったのか…

別段深い理由でも無い...


あれはつい昨日のこと、森の中を通っていた時のこと。無駄にでかい熊が半端じゃない速度で走ってきた。
俺は浮遊して動いている。対する熊は俺の目の前。

結果、俺が勝った。

何があったかって?

ただ単純にぶつかった。それだけだ。
俺と熊が、ではなく、目の前の少し歪みのある透明な壁と、だ。
これは、『バリア』というものだ。効果としては、俺の周りを球状に薄く硬い壁を作る魔法だ。厚さが約5cmある。因みに、5mmもあればハンドガンくらいの衝撃に耐えられる。つまり、今の俺はRPGくらいになら耐えられるということだ。

コレで熊に負けたら…ねぇ…www
俺が熊に勝った様子を見ていた野生の動物達が他に報せたらしく、今ではすっかり平伏している。というか色々貰っている。

もう、村とかに行かなくてもいいんじゃね?ってレベルで快適なんだが。

そんなこんなで早3年が過ぎた

「地球に転生した奴がまた転生しました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く