地球に転生した奴がまた転生しました

基地外

第三話

レヴィコパ〇ス!!いや〜なんとかなった。え?こんな所でハリ〇ポ〇ターの魔法出すなって?どうせ剣と魔法の世界だからNO問題!
あの駄女神め!!いつかぶん殴ってやる!

じゃー、今の状態を確認するわけだが、声がうまく出せないばかりか、体も上手く動かせない。これはあれですか?また赤ちゃんのパターンですよね?はい、ありがとうございます。って事はここから動けねぇじゃねぇか!
オワタ(´^p^`)【悲報】俺氏タヒ亡の模様

しゃーねぇ、魔法に頼るか。どーするかな…まず歩けないから身体強化しても意味ねぇ。台車か何かあれば…自分の足で歩かなくていいんだから...浮けばいいじゃん!という訳で『浮遊』してみました。いやー、楽だわー。前世で足で歩いてたのが馬鹿らしくなる。
待てよ?原動力は何だ?重力に対する反重力は何処から発生してるんだ?普通の転生モノなら魔力とかだよな。で、大概のやつは不可視の魔力を可視化出来てるよな。よし、やってみよう。

3秒後
で...出来た
全く苦労してないんだけどな!
見えねぇかな~って思ってただけで出来た。さぁ、画面の前の皆もやってみよう!因みに、作者はやってみたことがあるそうだけど、出来なかったらしいぞ。m9(^Д^)プギャー
 まあ、やってみるのはどっかの厨二病患者くらいのものだろう(特大ブーメラン)

冗談はさておき、とりあえず移動する。そうだな…どこかの村の近くの森でいいだろう。で、今どこにいるのかって?


よくわかんねぇけど、浮遊島だ。
どっかの海賊かよ!と突っ込みたくなる気持ちも分からなくはない。だが、落ち着いて聞いてほしい。


ネタが無かったんだ。仕方ないだろ。(メタ)

さて、移動しようか。

「地球に転生した奴がまた転生しました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く