地球に転生した奴がまた転生しました

基地外

第二話

で、霧が無くなるまで歩く事10分、
「全然霧が切れねぇ」
「そりゃ、私が作ったもんだからな」
「よし、携帯のGPSで、えーと?〇△県×◇市...っていつの間に関東圏から関西圏に!?
まぁとりあえず、こいつを紐で縛って、タイホー」
「君何やってんの!?」
「え?逮捕」
「一般人に出来るわけ(ry」
「私人逮捕って知ってる?とりあえず、傷害、拉致監禁で逮捕するんで」
「ヾ(ヽ0Д0)ェエエ工ー!!...とでも言うと思ったか?」
「デスヨネ- だってあんた一応女神だもん」

「まぁどうでもいいけど、今からテンプレ通りの転生をしてもらいます。」
「ハァ...またかよ…」
「え?転生したことあんの?」
「したことあるも何も、今こうやって転生させられて生きてるんじゃん」
「マジか…それはウチのもんがすまんかったの...で、君は何のチートを持ってるんだ?」
「平常心」
「へ?」
「平常心。様々な物事に対して動じなくなる。ただのゴミスキルだ。しかも、この世界には魔王がいるわけでもなし、偶にイ〇ラム国に単騎特攻するけど」
「イエローデーモンキーってのはお前だったのか…」
「なんだそりゃ?」
「お前の二つ名だ。イエローモンキーとデーモンを掛けてる」
「酷でぇ言われようだな」

「して、もっかい転生するわけだけど、何か欲しいスキルとかある?」
「無いな強いて言うならチート」
「了解した。じゃ、飛ばすわ」
「まさか、またパラシュート無しスカイダイビング!?」
「それ以外に方法があるとでも?行ってこーい!」
その瞬間、俺は浮遊感と流れる空気を感じた。体の違和感と共に...

「地球に転生した奴がまた転生しました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く