俺、覇王になりました。

旧ネオン道理

18話 決着


やっべえーどうしよう俺も怒りに身を任せて「かかってこいや!」とか言っちゃった。とりあえず村長を呼んできて村長のムスコから白い魔力枯渇するくらいあげたら許してくれるかな?

まぁおふざけはそのヘンにしといて。

『なぁ黒剣?』

『なんだ?主よ』

『お前ってスライム切れるか?』

『切れるがダメージが無いな』

まぁーとりあえず切ってみるか。

「えい!」

軽い気分できった。

「うぎゃぁぁぁぁぁあああ!」

「あれ?なんか聞いたぞ?」

「それはリクマ様のユニークスキルが原因だと思います」

「ああ?そうか。そう言えば俺神でも切れるのか」

「ふふふっ!貴様の様な奴に出会うのは初めてだまぁ魔王様を除いた場合だけどな」

そういった、次の瞬間スライムが100体はあるであろう数に分裂した。

「「「「「「ふはははぁぁどうだこれが我のユニークスキル『無限の分裂』だぁー」」」」」」

俺は試しに1個切ってみた。

そうすると切ったスライムが消えていった。

「何なんだ?マサキこれは?」

「それを切っても無駄です。スライムの本体には『核』と呼ばれるものがあります。それを潰してください。」

「おう!」

今思ったが町のギャラリーは何をやってるんだ?

「おーいいぞいいぞ!」

「もっとだもっと!」

「つまんねーな。もっとこう?あれだ。爆発させてみろ」

町のギャラリーの声が聞こえてきた。

て言うかお前が爆発しろぉぉぉおー

マサキが水を氷にしていた。めっちゃとがらせて氷の雨にしていた。

「いいぞ!マサキもっとやれ」

俺もいつの間にかギャラリーになっていた。

「リクマ様には後で泊まってけ猿共にムスコを授与しますね」

「すいませぇぇぇん。ただいまもどりましだぁー」

「で?どうするんだ?キリがないぞ?マサキが倒しても次々に死んだスライムから魔力を吸って強くなるからな」

「リクマ様が地味地に切って行けばいいじゃないですか?」

「あっ!いいこと思いついちゃったぁぁ!!」

「何ですか?」

「魔法はどれ位残ってるか?」

「まだいっぱいあります」

「そうか。ならいい。一旦ひくぞ!」

「はい。」

「マサキ雨を降らせてくれ」

「なんの意味が?」

「良いから速く!!」

「はいはい。」

マサキが雨を降らせた。
そこに俺がありったけの魔力を注いだ。

「うぉぉぉ!」

「馬鹿め!我を強くしてどうする」

スライムがどんどん大きくなっていった。

「ふはははははー。感謝するぞ!これなら魔王様も倒せそうだ」

「それはどうかな?」

そういった刹那スライムがどんどん破裂していく

「なに!?なぜだ?」

「俺の魔力量を舐めんな。モンスター如きの器で俺の魔力は支えきれん!俺の魔力が欲しいなら神の器でも持ってこい!!」

「うぎゃぁぁぁぁぁああ」

最後の一体が破裂した。

「「「「「「「「「うぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」」」」」」」」」


ギャラリーの歓声だ。

「よし!マサキ。俺のムスコは助かった!!」

「まぁ、今日は許しますよ」

「良かった。」

俺達はこの後村から聖金貨10枚が渡された。

そして村から隣町の奴隷チケットと呼ばれる推薦状を貰った。

そうして。俺の泊まってけ猿共生活も幕をあげた。


まだ日付はかわってなぁぁい。w
遅れてすいません!

「俺、覇王になりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く