俺、覇王になりました。

旧ネオン道理

17話 スライム

俺は町に帰ると情報をくれた村長にお礼を言いに来た。

「村長さん情報を暮れてありがとな」

「い、いいんじゃよ。お金だってくれたしな。」

なんか変に慌てているがまぁいい。

と思った瞬間に村に警報が鳴りひびいた。

〜緊急 緊急〜村の冒険者達は直ちに武装をして村の正門に出でください。

ん?なんだ?俺は村の外に出てみることにした。

外には緑色のスライムがいた。

なんでスライムなんかであわててるんだ?

「なぁ、マサキ?どしてみんな集まってるの?」

「やばいですね。リクマ様の世界とは違ってこっちの世界ではスライムは最強なんです。斬撃もまともに聞かないですし。それに魔力をくらう」

「我は魔王軍幹部のスライムだ。この村に我の城に雨を降らせた者がいるな。感謝する。こんな極上の魔力、魔王様でも無理だ。魔王軍にこないか?」

え?...ま、まさか

「うぉぉぉぉぉおおお!村長ぉぉお!」

俺は急いで村長の家はできた。

「おい、このクソジジイ?魔王軍幹部は何だったけ?」

「ひっひぃぃぃ。アンデッドでございます」

「今!その魔王軍幹部のスライムが来てるんですけど?」

「.....すいませんでした。聖金貨に目がくらんで見たことの無い者を適当に言ってしまいました!!」

「お前は後でぶっ殺す」

俺は急いで正門の前まで戻ってきた。

「やぁスライム俺がお前の城に雨を降らせた者だ」

「ほほぅ?その魔力確かにそうらしいなで?魔王軍に来る気はないか?」

俺は1発でかいパンチを食らわせた

「入るわけねーだろぉーが!
俺はなお前のせいでカジノができなくてイライラしてるんだ。」

「そうか。我に物理攻撃はきかん。敵対するなら容赦なく喰らうがな。」

「かかってこいや!」

俺と魔王軍幹部の戦いが始まるのだった。







「俺、覇王になりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く