俺、覇王になりました。

旧ネオン道理

14話 付与魔法、藤村へ

問題も無事解決致しました。



俺は王国を出たあと行く場所はもう決めていた。

「マサキ、東の『藤村』に行こう。」

「リクマ様の故郷の人の名前ですか?」

「ちっがうわーもし藤村くんがいても俺はぼっちだから会いにいくことはない。」

「ぼっちですものねぼっち」

嘲笑してきた

「2度まで言うな...」

あの時は病んでただけだ。友だち位は...いなかった。
よく考えると俺はかわいそうな子だな。

「だがその前に防具買わない?」

「そう言えばですね。今思いましたけど服は借りパクしてましたね」

「そうなんだよ」

「オマケに俺はこんな剣もとい棒だぞ?よくこれで切れるよな」

「リクマ様に付与魔法を習ってみては?」

「付与魔法?」

「1番メジャーなユニークスキルで鍛冶師は全員持っています。」

「へぇーどうやって習うんだ?」

「鍛冶師に金を払ってるからスキル
『伝承』で貰うだけです」

「ユニークスキルがユニークスキルじゃ無くてなってるよね?」

「いえいえユニークスキルはレベルが無いのでレベルが無いのは全てユニークスキルになります。」

「防具屋は行かなくていいか。武器屋に行こう」

「そうですね」

俺達は武器屋に向かった。
----------------------------------------

ここが武器屋だ看板がめっちゃギルド
と似ているのはスルーしておこう。

「すいませーん」

「はい。何じゃね?貴族様かね?」

「いえ、冒険者です。今日は付与魔法と、武器を買いに来ました。」

ドワーフのおじさんだ。俺が思ってたのとは違ってすっげー優しいそう。

「ワシの見解じゃがお主たち相当な冒険者だろ?」

「はい。さっきSSになりました。」

「お前さんそれは、本当か?冒険者なってかな何日じゃね?」

「なんだかんだでまだ2日ですかね」

「それは...お前さん達に頼みがある。息子を助けてくれ。」

「はい?」

「実はですね...」

実は鍛冶屋のおっちゃんは息子がいるらしい。その子供が一年前、仕事中に伝説武器と言われるシリーズ『呪いの黒の六芒星ろくぼうせい』の呪い黒剣に触ってしまい、呪われてしまったらしい。それを直すのは黒剣が認める者に現れるのを待つしか無いらしい。

「それを俺にはやれと」

「強制はしませんが」

やりたくないけど黒剣はなんかカッコイイから欲しい。やるか

「是非、やらせて下さい。」

「ありがとうございます!!」

「珍しいですねリクマ様」

「まっ、俺は正義の味方だからな」

イケボを使った。俺のイケボスキルはもうレベルMAXであろう

「しょうもないことを考えてるのは分かるのが残念です……」

無視しようか。

「で息子はどこに?この奥です。」

奥まで連れてかれた。そこには剣を持ったまま寝ているドワーフの男性がいた。

「へぇーこれを...」

俺はこの剣を奪った。俺の精神体で黒いもやが現れた。
----------------------------------------
「貴様が次が...」

「へぇーお前が黒剣か俺の物になれ」

言えた〜俺の密かな人生で1度はランキング上位のに来るセリフ!!

では力を示してみろ

黒い靄が襲ってきた。俺は〈拒絶〉を使ってた防いだ。

「ほぉー認めてやろう」

----------------------------------------

戻ってきた。

「お、お父さん...」

「なんじゃぁむじゅごよー」
鍛冶屋のおっさんは泣いてお礼をしてきた。

「いえいえ大丈夫ですよ」

「その剣は上げます」

「いいんですか?」

「はい。貴方には感謝してもしたりません。」

目論見道理黒剣は手に入った。

そして無償でスキルを貰った。

そして無償でいい買物ができた。

「何が言いたいかって言うと計画道理(。 ー`ωー´) キラン☆」

「流行りそうでしたか。」

「ところでマサキお前、武器は?」

「私は、水魔道で剣を作るので大丈夫です」

「それ、俺にあるべきチートだよね?...」

「ところでマサキ付与スキルでどうするんだ?」

「〈拒絶〉を付与するんですよ」

「どの服に?」

「勿論これです」

「...流石マサキさんだわー俺にはできないわーパクっといて自分風にリメイクするなんて...」

「人聞きの悪い言い方ですね。私はただ一生借りるだけですよ」

「お前はジャイ〇ンか!!」

盛大にツッコミを入れた。

「じゃ付与するぞ。」

俺は付与魔法をを使った。

出来た?わずか10程度で出来たので分かんなかった。
〈鑑定〉
貴族のスーツ(拒絶付与)
貴族のドレス(拒絶付与)

このスーツを付けていると、絶対に魔法が効かない。神代魔法だろうが時魔法だろうが絶対だ。
称号に魔法の敵がつく。
----------------------------------------

うわー流石に...

「マサキこれ...」

俺は説明した。

「最高じゃ無いですか」

「と、思うやん?」

顎をしゃくらせてうざい用にいった。

「俺の防御は物理的なのに問題があんの!!」

「ふっ、いつか見てみたいですね。子供たちに殴られて即死する姿を」

「リアルだからやめてね!?」

もうこの国とはおさらばだ!!

「藤村に行くか」

「明日ですがそうですね」

「何言ってるの?今行くよ?」

「じゃ、今まであり...」

「ああぁぁぁ!分かったよ。今夜が最後だ泊まってけ豚共覚悟しろ!!」

こうして長い1日がおわった。


長めでしたね。

「俺、覇王になりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • コバ

    期待して待ってます!

    1
  • 旧ネオン道理

    ありがとうございます!!
    いや〜読者の感想は書くが側にとって最高の御褒美ですよ!
    毎日投稿頑張ります。

    1
  • コバ

    超面白い、ストーリー設定が俺好み

    1
コメントを書く