俺、覇王になりました。

旧ネオン道理

12話 王宮拝見


俺は今馬車に乗っている。

理由はSランクの称号付与の為だと言う。

普通の冒険者は大体BランクでエリートになるとAランクらしいSランクに至るのはごく1部で王様との対談が必要なのだ。

--------------------------------------------------

王宮に着いた。

王宮に来るまでに、大きな門を3回ほどくぐった。

どうやら門で身分を表してるらしい。

×0...平民

×1...貴族、大貴族

×2...辺境伯、男爵

×3...王宮

となっている。流石中世ヨーロッパなだけあるな。

「着きました」

護衛の人が来た。

案内されるがまま付いていったが王宮は、全て金箔のコーティングが施されており所々に宝石がある。

俺とマサキは借りてきた猫のように静かになった。
まぁマサキは元々静かだけどね。

「これに着替えてください。」

俺の目の前には中世ヨーロッパ風のスーツとドレスが置いてあった。

うん。なかなかカッコイイ。
俺の服は黒がベースになっており
胸元からは白いヒラヒラが出ていた。

マサキの服は水色がベースとなっており、リボンなどの飾り付けがしてある。

とても男心をくすぐるが俺には襲う勇気が無いので辞めておこう。

そして俺はただ1回の対談のために1時間も練習した。1時間もだ!!
はぁーこの1時間をギャンブルに使いたかったもんだよ。
なぁ?前から思ってたけど俺ってダメ男?

まぁいいか。

「では付いてきてください。ちゃんと練習した通りにやって下さいね。」

--------------------------------------------------

俺とマサキは跪いていた。

「ではこれより冒険者リクマとマサキにSランク冒険者の称号を与える」

「「はっ!ありがたき幸せ」」

ふぅー何とか終わったようだ。

「ではこの対談をおわ...『待ってくださいお父様』」

「なんだ?我が娘、リーシャよ」

そこには金髪碧眼きんぱつへきがん
の美少女がいた。

「私、リクマ様に一目惚れしまた。私は...私はリクマさんと結婚します」

「「「「「「「えぇぇぇぇえぇ!!!!!!!!」」」」」」」

俺はどうやら熱があるらしい。

「俺、覇王になりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く