俺、覇王になりました。

旧ネオン道理

9話 ギルマスは女だった!?

「はぁーめんどくさい事になりそうだなぁー」

そう今俺は受付の人にギルマス呼ばれてうんざりしている。
今の俺の気持ちを例えるなら憂鬱ゆううつだな。

いっそ刹那で逃げようかなと思ったその刹那...

「リクマさんギルドマスター呼んで来ました。」

ごめん。でも俺はオヤジじゃないからな!ホントだからな!

「ほうほう、これは君、凄い剣の腕だね太刀筋からもう達人臭がぷんぷんしてるよ、君剣スキルのレベルはいくつだい?」

やべぇーよそれどころじゃねーよ
可愛すぎるだろ!!。
耳が長くて肌が白いからエルフか?
まぁーなんか返さないと

「あぺそぱね」
噛んだぁぁーーーやっぱチキンな俺にはこの美女はレベル高いって。

例えるなら、ホームレスのおっさんと
広〇すずが対談するようなものだよ!?

なんかそれオッサン、広〇すず襲いそうで怖いな…...

なんて茶番はいいんだよ!!

「うふふっとてもユニークなお方で」

「あはははっ」

ありがとうございます。
愛想笑い日本人の固有スキル

この世界のレベルの概念がポイント制だったら、全部つぎ込むレベルだよ。

なんとかこの場は、しのげそうだ

「まぁー外で話すのもアレですし、
私の部屋ギルドマスターの部屋
に来てください。」

おぉーなんか今、変なルビが見えたが気のせいであろう。

女子の部屋に行くなんて初めてだ!
おれ、まさかここで!?
一線を超えるのか!?

「こちらへどうぞ」

そんな期待が吹き飛び現実にもどる

「はぃ...」
「なんでそんな悲しそうな声で言うんです?」
「なんでも...ないです...」
「それならいいのですが...今回この部屋に呼んだのはランクアップの件ですね。噂ではBランク冒険者を一撃で無力化したとか、さっきのゴブリンロードどで確信しました。今回は特別にあなたをAランクに認定します!!」
「えぇぇぇぇ!!!
いいんですか?そんな上げて」
「はい。あなたを低ランクに留めるなんて宝の持ち腐れです。」

まぁランクアップは嬉しいから素直に受け取っておこう。

「ありがとうございます!」
「いえいえ、あっ、あと報酬は明日取りに来てくださいね朝でも構いませんよ!」
「はい」

「俺、覇王になりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く