俺、覇王になりました。

旧ネオン道理

4話 進化

えぇぇぇぇ!!!
何進化って

あれマサキが白く光って...
なんか可愛い美少女になった!
マサキって女だったの!?
まぁいいや

<鑑定>
名前:将希 種族:水魔人 Lv.1
<能力>
筋力:500
耐久:1000
敏捷:600
魔力:30000
魔攻:60000
魔防:50000

<スキル>
剣術Lv.5

<ユニーク魔法>
水魔道 空気魔道
<称号>
覇王因子を取り込みし者 人になりし物
水龍神の加護 半人半龍 魔人種 忠誠心
_________________
<補足説明>
水魔道:水魔法が進化したもの。
通常のものは出来ない。

空気魔法:空気を操る。
最強の魔法として知られている。

覇王因子を取りくみし者:覇王種に名を付けられた物に送られる称号。

水龍神の加護:水龍神からの加護。
魔力、魔防、魔攻に大幅上方修正、

魔人種:進化すると魔王種になる。

忠誠心:テイムした主人えの忠誠。主人を裏切ることはない。
_________________
ぇぇぇぇ!!!強っよ、
今やったら殺されるわ!
まぁ攻撃してくることは無いか。
「ご主人様名ずけありがとうございます」
「喋った!?」
「はい。進化したので」
「まぁ、いいかでですねマサキには俺の名前を考えてもらいます。」
「考えるのはいいですけど、私がご主人様に名ずけすることは出来ないですよ。」
「えっ?なんで?」
「はい。格上か、同種位で無いと名ずけはできません。考えることはできますが?それでいいですか?」
「うん、ありがとう。」
「んーでは、私は陸の魔物なのでー
陸魔りくまでどうでしょうか?」
「うん!いい名前だ!」
またどこからとも無く声が聞こえた
<覇王種の名前が陸魔になりました。 >
「おぉー。でも進化しないのか?」
「はい。格上の生物からの名ずけでないと進化はしません。」
「でだな、なぜ俺はマサキと戦ったのにレベルアップしないんだ?」
「はい。生物を殺すとその魂の欠片が殺した本人に吸収され魂のレベルが上がるのです。ご主人様は、生物的なレベルが高いのでレベルアップに時間がかかります。ですがレベルアップ時のステータス値がかなり上がると思いますよ。」
うわーマジかよイディアルの加護があるからめっちゃ時間かかるじゃん。
「で、だなまず街に行って冒険者登録したいと思う!」
「はい。ご主人様」
「ご主人様はやてめてくれ」
「ではーリクマ様」
「んーまぁいいか、でどっちに向かえばいいんだ?」
「はい。この先をずっと東にあると王国がありますよ。」
「じゃあいこうか。」
「はい。リクマ様」

「俺、覇王になりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く