ツンデレ妹とヤンデレ妹に愛されすぎて困ってます!

淳平

12話「妹たちと誕生日」前編

「むーっ」
「……ふんっ」

 今、俺は愛する妹たちに睨まれている。
 ここ30分ほどずっと、だ……

「ち、智咲? あ、茜? に、兄さん何かしたか」

 俺が尋ねると智咲は俺を睨みつけたまま口を開いた。

「別になんでもないわよ」

 いや……絶対なんでもなくないですよね智咲さん。
 ふとここ最近自分がしたことを思い出しても特にこれといって思い浮かばない。

「あの……その……なんかごめん」
「何で謝るのよ」
「いやだって……智咲さん怒ってるし……」
「別に怒ってないわよ」

 うーん明らかに怒ってるんだよなあ。

「あ、茜もごめんな?」
「いいよ陽兄……あ、違った。 むーっ。 陽兄嫌い」
「あ、茜……」

 なんてこった。 いつもツンツンしてる智咲はまだ分かるが、まさか茜までご立腹だとは……
 一体俺は何をしてしまったんだ……

「……俺、一回頭冷やしてくる」

 俺はそう言って自室から出ていった。

「もー、ちーちゃんやりすぎ! いつになくツンツンしてたよ」
「さ、作戦通りにしただけじゃない!」
「それにしてもだよ〜。 うう……陽兄にあんな冷たい態度とるなんて辛い」
「茜が言い出したんじゃない、うう……ツンツンのコントロールなんて上手く出来ないわよ……」
「ニヒヒ、ちーちゃんにはまだまだ修行が必要みたいだね。 それにしても陽兄……」
「本当に気付いてないみたいね」
「陽兄らしいと言えばらしいね」
「今日は兄さんの誕生日なのに」
「ニヒヒ~、そんな陽兄も好き」

「ツンデレ妹とヤンデレ妹に愛されすぎて困ってます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く