俺の幼馴染2人がメンヘラとヤンデレすぎる件

のりしお

部活動作りにて……

 
  「で?どうするの?」

  そう言われてもな……。

  俺たちは遠足の前日に意味の分からないことを計画していた。

 最近何かと志保に絡まれる事が多かったが……。

  まさか2人だけの部活動を作ろうだなんて……。

  「そもそも部員が足りないだろ?俺と志保だけの部活動なんて承諾されるはずがない、それになんの部活を作るんだよ」

  「なに?嫌なの?私と一緒にいるのが嫌なのね?そうなのね!雪くん!」

  志保はポケットからカッターを取り出すと刃をわずかに出して赤い瞳で俺の事を睨んできた。

  「ち、違う!違う!そんなんじゃないって!だから俺にカッター向けるのやめてくれ!」

  「……チッ」

  ちくしょう!命がいくつあっても足りねぇ!

  だんだん呼吸が荒くなっていく志保……これは変なテンションに突入したな……。

  「ふふっ……そうね〜部活内容は私と雪くんの愛の巣……でどうかしら?」

  そんな部活動あってたまるか!

  「え、えっと〜部員はどうするのかなぁ〜?」

  俺がそう言うと志保は黙って俺の方を見てきた。

  放課後の部活動に専念している生徒たちの掛け声が校庭から聞こえてきた、皆夏の大会に向けて頑張っているみたいだが……。

  謎の沈黙が続くと俺の心拍数はどんどん上がっていった。

  「そうね、あの金髪女と美代の首でも持っていけばいいんじゃないかしら?」

  この女さりげなく、とんでもない事言い出したぞ!、そろそろ警察に捕まってもおかしくないと思います!

  「う〜ん、あんま現実的じゃないかも……」

  「そう?」

  なにその、「別に、普通じゃない?」みたいな顔!

   「とりあえずさ、美代とユンに部活の話してみようよ、ね?」

  この後なんとか説得して普通に部活動を作ることになった。

  部員はいつもの美代と今度遠足で同じ班になったユンの2人だ。

  内容も目的も不明なのによく生徒会は通したな……きっと志保がとんでも無い事を言い始めて脅されたに違いない。

  とりあえず俺たちは部室に向かった。

  部室は狭くて汚かったがそれは片付けをすればなんとかなるだろう。

  問題は面子だよな……ユンはともかく志保と美代はな〜。

  「そう言えば美代、この間美味しいクレープ屋さん見つけたんだけど〜雪くんも一緒に行くよね?」

  「クレープか〜あんま食べたことないな〜」

  俺はあの生地があんま好きじゃないし……。

  「クレープ屋さんですか?美味しそうですね〜私もついていってもよろしいですか?」

  両手を合わせてユンはそう言った。

  「ち、ちょっと!なんで勝手に話を進めてるのよ、雪くんが行くなら私も行くわ、この部の部長としてね!」

  相変わらず騒がしいやつらだ……。

  俺たちは駅前付近のクレープ屋に行くとそれぞれ好きなのを購入した。

  「チョコバナナクレープにするべきか……期間限定の噂の塩キャラメルバタークレープにするべきか……」

  日本人は非常に期間限定と言う言葉に弱いのである。

  「なぁ?志保たち先に決めてもらって構わないのだが……」

  「何を言ってるのかよく分からないのだけど?あなたが先に並んだのでしょ?なら従って先にメニューを決めなさい」

  まぁそうなんだけど……メニュー見ても商品名しかないからどんなのか想像できないんだよなぁ。

  「雪くん!雪くん!私のオススメはね〜」

  「黙りなさい、これは雪くん本人が決めるべき問題なの、あなたが口出しする必要は無いわ」

  なんでクレープの味を決めるのに、こんな大げさなのかは分からない。きっと誰も分からない。

  「ちなみに私のオススメはベーコンレタストマトよ」

  「ちょっと!なんで美代はオススメ教えちゃいけないのにあんたは教えてるのよ!それにフードメニューじゃない!それ!」

 はぁ……もうなんでもいいよ。

  こうして俺たちは部活動を始めることになった。

「俺の幼馴染2人がメンヘラとヤンデレすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く