俺の幼馴染2人がメンヘラとヤンデレすぎる件

のりしお

はじめてのギャル……


 時間は12時を過ぎてお腹がだんだん減っていく中、俺は素早く野菜を切りカレーの準備をした。

 まずはジャガイモの芽を出してそのあとに人参をいちょう切りにそして美代はそんな俺をひたすらに眺めて(いや、手伝って……)よし、なんとか他の班にも追いついてきた。

 料理は今まで妹とやってきたし何よりカレーなんてのは基本誰が作っても美味しくなるもの、煮込み時間は個人的に長めの方が好ましい。

 「さっすが美代の雪くん!チュウしてあげようか?ねぇ?ねぇ!?」

 よし、それならカレーの具材になって貰おう。

 ……いや、カレー(美代)に飲み込まれる想像をしてしまったのでやっぱやめておこう。

 そう言ってしがみついてくる美代を俺は放っておき鍋の中にルーを入れしばらく待った。

 すると聞きなれない声が聞こえてきた。

 「ちょっとさぁ〜あんたたちあたしらの前でイチャイチャするのやめてくれない?すごくムカつくんですかどぉ〜」

 そう言って彼女は、彼女たちは俺たちの前で髪の毛をいじりながら迷惑そうな目つきでこちらを見てきた。

 ……俺は初めてクラスの人間に話しかけられたがまさかのこんな形で会話することになるとは……。

 1人は金髪のギャルでスカートはもうパンツ見えるか見えないかくらいの高さまで上げていた。もう1人は褐色のかなりエロいボディをした年上かな?と思うくらいの怖い目つきをした女性だった。

 2人ともどっかのアニメで見た事あるような……でもこんなキャラじゃないし気のせいか。

 「あのさぁ?あーしらの話聞いてんの?ちょううけるんですけどぉ」

 そんなギャルを具現化したような王道の台詞を吐かれたこちらの身にもなってくれ、笑いが止まらん。

 「ちょっと、なに笑ってるの?あーし言いたい事ははっきり言ってくれないとムカつくんですけど」

 そう言うとギャルはこちらに2、3歩近づいて来た。

 うっわぁ近くで見るとまじででかいな、もしかしたら美代よりあるかも、ぐはぁ!

 なぜか美代に殴られた。

 「……痛い」

 「あれ?なんで美代、雪くんのこと叩いたんだろ?でも雪くんが凄く失礼な事を考えているような?」

 こいつ新手のスタンド使いか!?

 「話の論点がずれているのだけれど大丈夫かしら?」

 おっと志保のお出ましだ、しかし一体誰のことだ?話の論点がずれているやつなんていたか?

 志保が入ってきた事によりギャル達も一歩引いた様子だが……。

 俺は今考えてはいけない事を考えている、それは確かに個人の概念や定義によって考え方は変わる、しかしこの事に関しては宗教が出来てしまうのではないかと思ってしまうくらい意見が分かれるのだ。

 だから志保……すまない。

 今の俺にとってステータスが一番低いのは志保だぁ!!!!っぐはっ!!

 なぜか思いっきり腹パンを食らった、志保から。

 「……痛い」

 「あら?私はどうしてあなたの事を殴ってしまったのかしら?でも凄くスッキリしたわ」

 おいおい、またもや新手のスタンド使いか……流石のギャル達もドン引きしてるぞ。

 「ちょ!なんなのこいつら、会話もしてないくせに話が勝手に進んでるんですけどお?」

 確かに側から見たら頭のおかしい人たちだろう、だがもうなれてしまったのだよ。

 「もういい!いこっ!」

 こうしてギャル達は無事に帰還していった。

 「ねぇ雪くん?」

 美代が俺の肩に抱きつくと少し苦い顔をしてきた。

 「なんだか焦げ臭くない?」

 ……言われてみれば。

 「志保……お前もしかして」

 とまぁ、そんな訳で今に至る。

「俺の幼馴染2人がメンヘラとヤンデレすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • スフィ

    次が気になります!

    1
  • ノベルバユーザー84353

    更新楽しみです!

    1
コメントを書く