俺の幼馴染2人がメンヘラとヤンデレすぎる件

のりしお

違和感……

 

  さっき図書室であった羽方と言う彼女はどうやら俺らと同じ3班らしい。

  さっきあった彼女が偶然にも同じ遠足の班になるなんて……。

  これはもしかして運命的な何かなのか!?
  
  「それじゃあ、羽方さんあそこにいる人達が3班なので……」

  先生が笑顔で俺ら付近に指先を向けると羽方は手を添え軽く会釈をした。

  「はい」

  可憐で美しい彼女が一歩一歩こちらに近づいてくる姿は幻想的な世界を創造させてくる。

  これは……運命ってやつなのか!?(重要な事なので二度言いました)

  「あら?……あなたはもしかして……」

  よし、ここは冷静を装ってクールなところを見せないと……。

  「どうも、図書室で会いましたね、羽方さん」

  俺は緊張のせいか立ち上がって一礼してしまった。

  やべぇ!志保と美代の目線が……。

  「ふふっ、その節はどうも……そちらのお二人は?」

  「はい、こいつらは同じ班の志保と美代ですっ!?」

  俺はすねに激痛が走るとその場で倒れた。

  痛い!痛い!骨折れた〜!

  床下に伏せた俺を志保と美代はゴミか何かを見るような目で俺を見下していた。

  「雪くんって……ああいう金髪が好きなのね〜あいつの髪の毛は後で私が切り取っておくから……」

  声のトーンは明らかに低くなっていくのが伝わった。

  右手にはカッターを強く握りしめ左手ではハサミを威嚇するかのように動かしていた。

   こ、こいつは……マジだ!志保が本気でキレてやがる……

   もうだめだ!

  俺は美代に命乞いしようと目線を合わせようとすると美代は笑顔だったが、それは表面上だけであって、実際はものすごく俺のことを睨んでいた。

  「へ、へぇ〜……美代の知らないうちにあんな金髪野郎と交流があったんだ〜美代に内緒で……」

  隠していたつもりはないんだけど……

  ついさっきのことだし……てかお前ら金髪嫌いすぎじゃね?

  「あ、あの!そろそろ役割分担しませんか?」

  羽方は笑顔で俺たちの間に入ってくるとそんな事を言った。

  おいおい、まじかよ……

   ここに天使がいる!

  2人の悪魔に1人の天使が挑んで行く姿が俺には想像できた。

  羽方のお陰で志保も美代もとりあえずは、許してくれた……

  俺ってなんかしたの?

  「そ、そうだね、とりあえず役割分担しようか」

  授業が終わってすぐに俺は羽方さんにお礼をした。

  別に少しでも一緒に居たいからとか、あの可憐で美しい姿を見たいとかそんなことでは無い!

  お礼が言いたいのだ……他はおまけにすぎない!

  教室から羽方さんが出て行くところを見ると後を追って俺も教室を出た。

  志保と美代の目線がやばいのは言うまでもない。

  「羽方さん、さっきはありがとうございます、あいつらすぐに怒るもんで……」

  「いえいえ、仲が良くて羨ましいです」

  いえいえ!あれは仲がいいわけではありません!がちです!殺しに来てます!

  「それに私のことはユン……とお呼びください、雪さん」

  そっかよろしくねユン?

   え?

   なにこれ?

   これが恋?

  「は、はい」

  俺は上ずった声で返事をしてしまった。

  「それでは」

  ユンは一礼すると小さく手を振り教室に入っていった、俺はユンの事をボーッと眺めながら軽く手を振った。
  
  「あら、雪くんこんなところでなにをしているの?」

  ぎにゃあ!……さっき俺のことを蹴り飛ばした志保じゃ無いか!

  鋭い目つきで胸の下あたりに腕を組んでいる、志保はどうやらずっと見ていたらしい。

  「い、いや別に……」

  「そう、それじゃ放課後、一緒に帰らない?そして死んでくれない?」

  「なんで帰宅ついでに、死ななくちゃいけないんだよ……自販機でコーヒー買うから許してくれ」

  俺は頭をかくと志保は小さく頷いてくれた。

  財布にいくら入ってたかな〜。

  「ただいま〜」

  「ふじょえり〜お兄ちゃん〜」

  俺は靴を脱いでリビングの扉を開けた。

  「それはツイッターのやりすぎだ」

  妹はスマホをいじりながらソファーの上でお腹に雑誌を乗っけながらゴロゴロとしていた。

  「えへへ〜それより遠足のお土産買って来てよ〜」

  それは修学旅行か林間学校だろ……お兄ちゃん校外学習でなに買ってくればいいの?

  「お兄ちゃん今財布の中に五百円しか入ってないから」

  俺がそう言うとむすっとした顔をしてこちらに体を向けて来た。

  「ど、どうしたの?」

  俺は足を一歩引くと妹は起き上がりこちらに近づき中腰の姿勢になった。

  「お兄ちゃん……お願い?」

  そんなキラキラした目で言われたら断れないじゃ無いか……。

  あざとい奴め……可愛いから許す!

  「しょうがないな〜なにが欲しんだ?」

  「それは……帰って来てから言うよ」

  そう言って妹は再びスマホを素早くタップし始めた。

  よくわからんが……とりあえず風呂に入るか〜。

  「羽方ユンか……」

  確かに気品さはあるがどこか引っかかるような……。

  なんとなく裏があるような気がした。

  湯船に深く浸かるとため息をついた。

  目をつぶって違和感の原因を探した、するとある一つの事が脳裏をよぎった。

  【呪いの絵】

  俺はどうしてもこれが頭から離れなかった……。
  

「俺の幼馴染2人がメンヘラとヤンデレすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く