俺の幼馴染2人がメンヘラとヤンデレすぎる件

のりしお

その呪いは……


 これは一昔前の話……

 そう、僕がまだ幼稚園児だったころ、こんな出来事があった。

 「雪くん、何してるの?」

 黄色い帽子に、小さなカバンを肩にかけた少女は、こちらに近づいて来ると、中腰の姿勢になり僕にそう言ってきた。

 「僕は今、ナスカのちじょうえを書いてるんだよ、この広い砂漠の真ん中で!どうだ?すごいだろ?」

 手を腰に当てて誇らしげにそう言った。

 こちらに近づいて来ると、僕の絵をまじまじと見た。

 「ふ〜ん……ここ砂場じゃん、具合悪いの?先生のところ行く?」

……ふん!

 「そんなこと、分かってるよ!」

 僕は、黙って砂漠の真ん中に、スコップでひたすら絵を描き続けた。

 「2人とも〜何してるの?私も混ぜて〜」

 ピンク色のフリフリスカートをはいた少女が、無邪気にこちらへ駆けつけてきた。

 すると、志保はジト目でこちらを見ながら駆けつけてきた少女に話しかけた。

 「美代ちゃん、雪くん馬鹿だから、変な絵をかいてるの」

 「ぜんっぜんっ変じゃないし!僕の芸術がわからないなら見なくていいし!」

 僕は、最後の線を描きを終えると、満足げにそれを眺めた。

 「美代……よく絵のことわからないけど、志保ちゃんは分かる?」

 「さあ?」

 すると、その絵は光り輝き始めその場にいた僕たちは、思わず目をぎゅっとつぶった。

 「うわぁ!眩しい!」

 「何も見えないよ〜」

 「雪くんが変なのかくから!」
 
 ……すると、どこからともなく声が聞こえてきた。

 「あなたは今、生涯、解けない呪いの絵を描いてしまったのです。彼女たちの性格はメンヘラかヤンデレと化し、あなたを困らせ続けるでしょう」

 めんへら?やんでれ?

 すると、光は消えて無くなり絵も元の砂になっていた。

 「……なに?今の?」

 戸惑いつつも僕は2人の方を向くと何だか様子がおかしかった。

 「どうしたの?2人とも様子がおかしくない?」

 「どうして……」

 すると、志保は下を向きながら魂が抜けたような声で話しかけてきた。

 「どうして雪くんは、いつも……私の気持ちに気づいてくれないの?……もう、いっそ殺しちゃえっ……」

 え!?

 僕は志保の発言を理解できずに戸惑っていた。

 「美代は……」

 今度は、美代の方を見ると下を向きながらプルプルと体を震わせている。

 ど、どしたの?トイレ?

 「美代はいつも雪くんのことを愛してるのに!何でわかってくれないの!?ねぇ!?」

 えっ!?

 それがすべての始まりだった。 

 2人の嫌がらせは小学校に入っても続き俺は両親にお願いして別の中学へ入った。

 もちろん俺のせいで2人はこうなってしまったのだから適当な言い訳を使って両親に納得してもらったわけだが……。

 2人にはギリギリまで黙っておき別の中学へ行ったことがバレた時は何度も殺されかけたしメールや電話が1日に500件近くも来たことがあった。

 だが中学2年に入ると2人の嫌がらせは、ぱったりと無くなり俺は何だか寂しくなってしまった。2人の顔もしばらく見なくなり俺もいつしか慣れていった。

 そして迎えた高校生活、特に何事も起きないだろうと思いながら俺は入学式初日を終えようとした。

 ーーーー学校の説明が終わり各クラスで出席を取ると担任の挨拶を聞き終えた。

 「それじゃあ、みなさん〜楽しい高校生活を送って下さいね〜青春の2文字には嘘も真実になる!」

 あ〜この先生女性の割に暑苦しい人だなぁ〜

 俺はペン回しをしながらそんな事を思っていた。

 「ねぇねぇ?どこの部活入るの?」

 「おっ!お前そのゲーム知ってるのか?」

 周囲の生徒がそれぞれ新しい友達と会話している中俺は1人ケータイを取り出し時間を確認すると、急に身震いした。

 はっ!?何だか嫌な予感がする……たのむ!勘違いであってくれ!

 俺はケータイを閉じると同時に……

 「ふふっ、ひ・さ・し・ぶ・りね?雪くん……」

 え!?この声はもしかして……。

 その聞き覚えのある声は隣の席から聞こえてきたものだ。

 俺は恐る恐る隣の席を見ると、そこには黒髪ロングに赤い瞳、クールでスタイルも良い見たこともあったこともない女性がいた。

 か、かわいい!……でも確かに志保の声がしたような?気のせいか!

 すると俺は椅子ごと彼女に押し倒され床の上で仰向けの状態になった。

 わぁ!?何だか良い香りが!それに彼女と視線が合っちゃったよ!

 「どうして目をそらすの?久しぶりの再開じゃない……ふふっ」

 彼女は髪の毛を耳にかけ直すと顔をどんどん俺に近づけて来た。

 き、キスでもするのか!?いいのか!?ここで初めてを迎えても!

 彼女の赤い瞳の奥には、まるで宝石のように光り輝く綺麗な……。

 はっ!!

 「待って!待って!あの!……人違いしてませんか?」

 「え?」

 俺にこんな大胆でかわいい女性の知り合いなんているはずがない!

 教室中の目線がこちらに向いている中で彼女はニヤリと笑うと俺の耳元で囁いた。

 「私があなたを忘れるわけないでしょ……それは美代も同じ……」

 やっぱこいつ志保か!!!いやぁー!!再開早々殺される!!……と言うかめっちゃ可愛くなってる!

 すると急に俺の視界は遮られて誰かに膝枕されながら顔を太ももと胸で覆われていた。

 「やめて!美代の雪くんをいじめないで!」

 そう言って彼女は一度俺の顔を見ると笑顔を見せて俺の耳元で囁いた。

 「ふふっ、これから美代がたっぷり雪くんに甘えるんだからね」

 み、美代なのか……!?顔を覗き込ませていたのは美代らしいが……こちらも小柄で茶髪ショートに赤い瞳をした胸の大きい女性に変わっていた。

 2人になにがあったんだ!!てか俺の高校生活どうなっちゃうの〜〜!!!

 こうして俺の楽しい楽しい高校生活初日を終えた。
 
 全然楽しくねぇよ!修羅場だよ!

 ついでに男子生徒からは嫌われの的になった。

「俺の幼馴染2人がメンヘラとヤンデレすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く