俺の幼馴染2人がメンヘラとヤンデレすぎる件

のりしお

登校途中に……


 眩しい朝日がカーテンの隙間から入り込んでくると俺はふと目が覚めた。

 「うぅ……あ〜あっ〜……眠い……」

 体をぐっと伸ばすと部屋の時計を確認した。

 「6時か〜顔でも洗ってこよ」

 寝ぼけながらも俺は洗面所で顔を洗いフラフラっと妹の部屋へ向かった。

 「妹よ〜もう朝だぞ〜そろそろ起きてくれないとお兄ちゃん朝ごはん抜きになっちゃう」

 妹には雫と言う名前があるがなんだか照れ臭くて妹と呼んでしまう。

 呼んでもノックしても返事が返ってこないので俺はゆっくりと部屋を開けた。

 「入るぞ〜……うわっ……なんてだらしない格好だ」

 部屋は雑誌やらなんやらで散らかりベットから転げ落ちながらも布団を抱いて寝ている。

 妹は普段、誰よりも努力しているが影では少し弱々しい面がある。俺は素をみせるのも時には大切だと思うが。

 俺は妹の体を揺するとどうやら目を覚ましてくれたようだ。

 「うっうんー!……あぁ……あれどうしてお兄ちゃんが私の部屋に?襲いにきたの?」

 「そうだなぁ、お兄ちゃん朝ごはん作ってくれないと襲っちゃうかも」

 妹も俺と同じように体をぐっと伸ばすと目をこすりながら部屋を出ていった。

 「いま用意するから待ってて、お兄ちゃん」

 「はいよ」

 そういえば俺も制服に着替えなくては。

 その後、俺は家族で朝ごはんを済ませると学校へ向かった。

 カバンの中を開けるのが怖かったが俺は思い切ってケータイを取り出すと本来、緑色のはずの通知ランプが赤く染まっているように見えた。

 「怖い!なにこれ!?」

 俺は恐る恐る受信ボックスのところを指でタップすると+999と表示されていた。

 本文を確認すると……

 【もしよかったら明日一緒に学校へ行かない?
    2人で話したいことがあるの   志保より】

 俺はさらに下へスクロールすると……

 【ねぇ?どうして返信してくれないの?もしかしてあなた……いま別の女といるの? 


    殺す】

 「いゃあー!!!!!」

 俺は頭を抱えながらその場でうずくまった。

 落ち着け俺……なにがまずいかってこれの他にも美代からもメールや電話がきているところだ……命なんて元からなかった。

 「おはよう雪くん、昨日は随分と就寝が早かったようだけど?」

 !?しまった……。

 俺はゆっくりと後ろを向くと満面の笑みでこちらを見てくる志保がいた。

 でやがった……もうお前、飲食店でバイトしろよ!フロアで働けよ!

 「そ、そ、そ、そんなことないよ、それより今日はいいバイト日和だね?」

 「バイト日和?」

なにを言っているんだ俺は〜!めっちゃ睨んできてるじゃん!どうするのよ俺!

 「い、いやぁー今日はいい天気だな〜って」

 「そうね……でもこれから雪くんが血の雨を降らせてくれるじゃない?」

 おまわりさーん!ここでーす!

 「な、なにを言ってるんだよ〜今日も相変わらず可愛いな〜志保は冗談きついんだから〜」

 今のうちに遺言でも書いておこう。

 「そ、そうかしら?それじゃあ行きましょうか雪くん」

 あれ?助かった?

 その後はなぜか志保は俺と少し離れつつ学校へ向かった。

 「なぁ志保?」

 「え!?ど、どうしたの雪くん?まだ結婚は早いと思うの!」

 なにを言ってるんだよこいつ。

 「いや〜どうしてそんなに離れて歩いてるのかな〜って」

 すると志保は足をモジモジさせながら髪の毛を耳にかけ直し唇を中にぎゅっとしまい込んだ。

 「そ、そんなの恥ずかしいからに決まってるじゃない……」

 よくわからんやつだ!

 俺はひとまず安心してケータイのメールを確認すると美代から新たに連絡が入ってきていた。

 【教室で待ってます】

 え?これだけ?

 俺は恐怖を感じたせいかこれから夏に入るはずの木々が枯れていくように思えた。

 辺りには落ち葉が風に乗って遠くまで飛んで行くのが見える。
 

「俺の幼馴染2人がメンヘラとヤンデレすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く