俺の幼馴染2人がメンヘラとヤンデレすぎる件

のりしお

教室で待ってます……


 【教室で待ってます】

 何度みてもこれだけの本文……本来、高校生にもなればあれ?もしかして俺って告白される?みたいな事を想像するだろうが俺の場合は違う。

 血祭りだぁ〜〜!!!がテンプレなのだ。

 そんなわけで俺は隣でルンルンしている志保と一緒に教室へ向かっているが……

 俺は笑顔でスキップしている志保を見ると綺麗な黒髪に赤く澄んだ瞳……志保に少し見惚れてしまった。

 「な、何こっち見てるのよ!別に嬉しくなんかないんだからね!」

 どうしてこんなにデレたんだ?ヤンデレからツンデレに変わってるぞ。

 それに今の発言は痛恨の一撃だ!

 だが……これから待ち受けているのは血祭り。

 俺はケータイをバックにしまうと一年B組の掛け札を見た。  

 ううっ……最後にギャルゲーの攻略でもやっておけばよかった……コミケとか人生で一回も行ったことなかったし。

 俺は重い足をなんとか教室まで運んだ。

 まだ朝早い段階なので静まり返っている教室には多分、美代が1人でいるだろう。

 ゴクリ……

 俺は息を飲み込むと教室の扉を開けた。

 「どわぁ!」

 すると俺は急に抱きつかれて教室の中に押し倒された。

 そこには涙目で俺のことを見てくる美代がいた……だがだんだん黒いオーラをまといはじめてる。

 「なんで私の気持ちが分かってくれないの!?こんなにも雪くんのことが好きなのに……ねぇ……こんな世界やめて2人っきりになろうよ!」

 いやぁー!、俺はまだ三途の川を渡りたくない!

 「待ってくれ!昨日返信出来なかったのには訳があるんだ!」

 俺はとっさにそんな事をいちばしってしまった。

 「なに?返答次第では仲良く一緒に屋上から飛び降りるけど?」

 そんな可愛く首を傾げても俺は飛び降りたくない!あ……でもこんなに可愛いなら……いかんいかん!容姿に惑わされてしまった。

 それに返信出来なかった訳がお前らが怖かったなんて言える訳ないし……

 どうする俺!

 俺の心臓はどんどん加速しそれは美代が決して可愛すぎるからとか、ちょっとだけ胸が当たってるからとか、そんなのじゃなく、死にたくないからだ!

 ……いや本当だよ?

 「実はお前らに久しぶりに会えたから色々考えてたんだよ」

 とっさに出た言葉がこれだった。

 いやらしい意味じゃないよ?どう殺されないか対策を練っていたんだよ?

 すると2人とも顔を見合わせてなるほど〜と理解してくれたようだ。

 「つ、つまり雪くんは私をお、おかずに……変態なのね……でも雪くんが望むならそれなりの……」

 おい待て、志保は何か勘違いしてる、昨夜のおかずは豚肉の生姜焼きだからな。

 「気持ちよかった?」

 おい待て!死ぬ!お前らが可愛すぎて死ぬ!胸が当たってる!幸せ!……じゃなかった死ぬ!

 俺はなんとか理性を保って自分の席に座った。

 よく考えたら俺ら3人が同じクラスなんて奇跡だよな……

 なんとか俺は朝、学校にたどり着き生き残っていたがこれからこんな事が毎日続くとなると……。

 「そろそろ遺書でも書くか」

 俺は心の中でそんな事を思ってしまった。

 まだ学校が高校生活が始まって2日目なのに……。

「俺の幼馴染2人がメンヘラとヤンデレすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く