Waving Life ~波瀾万丈の日常~

柏崎 聖

68話 自分が大嫌い

 自分が大嫌い


「君が演じているのは、一昔前の自分じゃなくて今の自分じゃないのか?」

 僕の言葉に、彼女は図星をつかれたかのような表情を見せた。
 多分、彼女自身がそれに気付いたのだろう。

「別に……。私が演じていたのは、一昔前の私……。だ、だから今の私が本当の私……」

 彼女は口ではそう言うが、表情は曇っていた。

「認めたらどう?分かってるんでしょ?君自身」
「何を認めればいいの?」
「今の自分が演技だっていうことを」
「だから、違うって!」

 彼女の声は荒れていた。
 彼女の拳は、強く握られていた。

「じゃあさ……。今の人格は中学時代の君。そうなった理由は、復讐。なら、今は復讐でもないのになんでこの人格でいるの?」
「そ、それは……」
「ふられた自分を認めたくなかったから、自分が傷つくのが嫌だったからなんでしょ?」

 そう。今の彼女は、ふられた自分を認めたくないから出来た自分。
『私の本性はこれだから、自分はふられたわけじゃない』と、自分が傷付くのを避けたのだ。
 その結果、中学時代の彼女の人格。
 それを演じていたのだ。

 彼女は目線を落とした。

「違う。私は剣也君に好かれるために、演じていたの……」

 彼女の口調は近頃聞くような荒いものではなく、ふられる前のもの。
 この口調になったのは、恐らく無自覚。
 そこから考えて今の彼女は演技であるというのは間違いなかった。

「皆田さん……。醜い言い訳はやめないか?」

 優しく、静かにそう言った。

「言い訳なんかじゃ……。っ!」

 彼女の心は恐らくズタズタでボロボロだ。
 必死に自分が傷つかないようにしてきたつもりだろうが、おそらく余計に傷ついているのだろう。

 『嘘をつくと、嘘を隠すためにさらなる嘘をつく』

 そんなイタチごっこのような限りのないことを彼女はしていた。
『ふられる前の私は演じていた』ということにするために、中学時代の自分を演じて。
 そして醜い嘘で、演じていることが事実であるにも関わらず否定して。
 自分が傷つきたくないというその理由だけで、彼女は何度も何度も嘘や演技を重ねてきた。

 そんなことをしていれば必ずボロも出る。
 さっきの口調の変化もその1つ。

 そしてボロが出るということは、彼女自身が弱っている証拠。
 僕は、そんな彼女を優しく抱いた。
 心の傷口を塞ぐように優しく、優しく。

「苦しんでいるのに、周りに助けを求めずに自分で抱え込んで……。もう演じるのも嘘をつくのもやめにしないか?」

 彼女はその言葉を聞いて泣いていた。

「やっぱり、辛い思いしてたじゃないか」

 彼女は、嗚咽を漏らす。
 そして涙声でこう話す。

「あなたが言っていた事は全部本当のこと……。私は私を守るために嘘をついたり、演じたりした……。そのせいで尚更自分を苦しめてた……。そんな醜いことをしていた私が大嫌い」
「僕も岸川さんにふられたから、その気持ちが分かるよ……」

 岸川さんにふられて、僕は蔭山君に嫉妬して……。
 その結果、みんなの信頼を失ってその原因となった彼を嫌った。
 別に蔭山君が悪い訳でもないのに、勝手に嫌いになった。
 僕自身も最近気付いた。
 本当は、自分が傷つかないようにしていただけだということに。

「でも、やっぱりそんな自分でも認めないと駄目だと思う。そうしないと、次に進めないからさ」
「うん……」

 僕は体勢を戻した。
 そして、僕は気になっていたことを彼女に質問する。

「1つ聞いていい?」
「何?」
「君が中学時代にあの人格になった原因って人間不信だったよね?今も人を信じられない?」
「それはないよ……。確かに人間不信だったけど、高校に来てから少しずつ人を信じられるようになった。多分、剣也君のおかげだと思う。優しい彼なら信頼出来る。そう思えたから、次第に人を信頼できるようになって。だから西島君のことも信じているよ」

 自分では分からなかったけど、多分赤面していたんだと思う。

「ちょっ、顔赤くなってるよ!私まで恥ずかしくなってくる……」

 そういった彼女の頬は赤く染まっていた。

「蔭山君って、いい人だよね」
「うん」
「どんな人でも同じように優しく接して……。それが出来るって本当にすごいことだと思う」

 彼は無意識でやっているのかもしれない。
 でも彼はどんな人にでも平等に優しい。
 そんな所を僕は尊敬している。

 僕たちは暗くなり始めた教室から出るべく、帰る支度をする。
 そして、僕が鞄を持った時に彼女は再び話し始めた。

「ごめんね、西島君……」
「ん?」

 僕は彼女の元へと近づく。
 すると彼女は再び視線を落とした。

「いろんな人に迷惑かけちゃったみたいで……」
「大丈夫だよ」
「だから私、演じるのやめるね!これからもよろしく!西島君」
「こちらこそよろしく!皆田さん」

 そう言って僕たちは握手を交わした。
 そしてその後、僕たちはそれぞれ帰宅の途についた。



 何?この気持ち……。
 下校の途中、私は変な気分になっていた。
 浮いているような、フワフワした気持ち。
 でもそれは不快なものではなく、幸せなもののような気がした。

 ようやく、苦しみから解放された。
 自分で自分を苦しめていた。
 それが解けて私は約1ヶ月ぶりの解放感に浸っていた。

 私は、舞い上がる気持ちにのって家へと帰った。


「Waving Life ~波瀾万丈の日常~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く