Waving Life ~波瀾万丈の日常~

柏崎 聖

69話 尊敬し合える仲

 尊敬し合える仲
 1

 西島に絵里の件を託した日の夜。
 メールが届いた。

『皆田さんの件は、解決したよ』

 俺はとりあえずその言葉を見て安心した。
 そして、同時に彼の行動の早さに驚いた。
 彼から『任せてくれないか』と言われたその日のうちに解決したのだ。
 本当に凄いと思う。
 それに俺には解決出来なかったことを彼はやり遂げた。
 同時に大きな感謝が芽生えた。

「面倒かけて悪かったな。ありがとう」

 きっと彼は、こういうだろうな。
『面倒なんてとんでもない』
 と。
 そんな言葉が自然に出てくる彼は本当に尊敬する。
 そして、格好いいと思う。

『面倒なんてとんでもないよ……。友達として当たり前だよ』

 彼は、根から良い奴だ。
 人を裏切らない。
 きっとその信頼出来るところが、絵里の心にも届いた。
 そして、解決に至ったのだろう。

「本当にふられる前の絵里は、演技だったのか?」

 ふられる前の彼女が本当に演技だったのなら、今までの思い出は全部偽りだったことになる。
 その事は聞いておきたい。

『僕は彼女に言ったよ。「演じているのは一昔前の自分じゃなくて、今の自分じゃないのか?」って。そしたら最初は反論していたけど、後から本当のことを話してくれて……。彼女が演じていたのはふられた後の自分だって言ってくれたよ』

 その文面を見て俺は、また一安心した。
 そして彼の文はまだ続く。

『彼女が演じていた理由は、ふられた自分を認めたくなかったから。本当の自分が傷つくのが嫌だったからだそうだ。俺も同じ気持ちを味わったことがあるから、その気持ちはよく分かったよ』

 傷つきたくないから。
 自分を守りたいから。
 その為に逃げたり、避けたりするのは人としてごく自然なことだ。
 でも、それをする限り人は前に進めない。
 進むためには、その自分を受け止めなくてはならない。
 きっと彼も同じようなことを絵里に言ったのだろう。
 そして、彼女はようやく現実を受け入れたのだと思う。

 俺は、勉強の時にいつも飲むブラックコーヒーをゴクッと飲んだ。
 そうして一呼吸おいた後に、俺はさらに質問する。

「絵里は人間不信だったのか?」

 俺は、このことについても明らかにしておいて欲しい、と朝のうちにメールを送っておいた。

『本人が言うには、人間不信だったのは確かだけど、高校に来てから次第に信じられるようになった。蔭山君のお陰だって』
「そうか……」

 西島は嘘をつかないし、とても素直なやつだ。
 この内容は恐らく絵里が言った通りの内容。

 だとすれば、俺は絵里に何をしてあげられたのだろう。
 今、思い返してみても思い当たる節は見つからない。
 忘れてしまっただけかもしれない。
 このことは彼女から直接聞こう。

 コップに僅かに残ったブラックコーヒーを飲み干した。
 ちょっと画面から目を離した隙に、彼からさらにメッセージが来ていた。

『それにしても、君は凄いね。周りの人をいい方向に持っていける。そして何よりも誰に対しても優しい。尊敬するよ……』

 意図してやっている訳では無い。
 それが当たり前のことだと俺は位置付けている。
 なぜなら、いじめとか差別とか、そういったことが俺は何よりも嫌いだからだ。

「尊敬される程でもないよ……。当たり前のことをやっているだけ」
『その当たり前のことを当たり前に出来るから凄いんだよ。誰だって、人に好き嫌いがある。だからどうしても平等に振る舞えない。でも君は、平等に振る舞う。どんな生徒にでも、どんな人にでも優しく接する。そんな所は、僕には真似出来ない……』



 確かに、人には好き嫌いがある。
 この人は好きだけど、この人は嫌い。
 あって当然だ。
 なぜなら個性が人にはあるから。
 好みが分かれるのも当然のことだ。

『人は見ただけで好き嫌いを判断する』

 人の殆どはその好き嫌いを見た目だけで判断する。
 が、もしかしたら思っていた人物像と全然違うかもしれない。
 本当はすごくいい人なのかもしれないのに……。

 だから、どんなに嫌いな人でも俺は平等に接し、平等に話す。
 本当の好き嫌いの判断は、その人の全てを知ってからするべき事なのだ。
 だから俺は、どんな人なのか把握するために全ての人を平等に扱い、平等に接して平等に話すのだ。

 選択肢には、絶対の正解はない。
 だから、俺の考えは俺の中の正解でしかない。
 必ずしも平等に接することが正しいとは限らない。



「そんなこと言ったら、俺もお前のこと尊敬しているぞ!誰からも信頼されるし、優しいし、賢いし……。その完璧なところが本当に羨ましい。おまけに顔もいいしな!笑」

 特に彼の賢いところには思わず妬いてしまう。
 勉強しても追いつけない。
 多分、俺よりも努力しているからだろう。
 それだけの努力を重ねられることが凄いと思う。

『お互い尊敬し合える仲っていいね』
「そうだな」
『これが親友ってやつなのかな?』
「かもな」
『きっとそうだよ』

 友達と親友の境界線は分からない。
 その上、友達や親友自体も定義はない。
 だから、『多分』としか言えない。
 だけど……。
 少なくとも俺と西島は、親友なんだろう。

「じゃあ、俺は勉強するわ!おやすみ」
『次のテストも負けないよ!』

 俺は中間で、圧倒的に負けている……。
 次は勝つ!
 そう決めて勉強を始めた。



 始めてから5分後、またもや通知音が鳴る。
 半弥だ。

『明日、暇ならナンパしに行こうぜ!』

 多分、こいつとも親友の仲だと思う。
 だけど、こういう面があるから腹が立つ。
 それに桃山さんと仲良くなったのに、いいのか?こいつ。

 俺は腹が立ったので、笑いのスタンプを送った後にブロックした。
 そして、切れたコーヒーを補充するために1階へと向かった。


「Waving Life ~波瀾万丈の日常~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く