Waving Life ~波瀾万丈の日常~

柏崎 聖

66話 想いは今

 想いは今


 カラスの鳴く声が響く、夕刻。
 既に外は暗く、辺りは息が白くなるほど寒い。

 そんな中を俺は、立ち止まることなく走り続ける。
 寒さは走るうちに薄れ、疲れは吹き飛んでいた。
 彼女の元へ。
 今すぐ会いたい、今すぐ話したい……。

 強い想いは、胸が張り裂けそうなくらいに強い。

「蘭華、蘭華、蘭華〜!」

 彼女の名前を口にしたのはいつぶりだろうか……。
 長い間、心にしまってあったからか俺の声は物凄く大きい。彼女への想いのように大きい。

 彼女はきっとあの場所にいる。
 俺たちの始まり。
 最初に告白されたあの場所。

 ……。
 見つけた……。
 俺の恋する人。

「剣也?」

 俺は彼女を強く抱きしめた。

「この1ヶ月の間……。俺は辛かった……」

 好きな人と話せないのは本当に辛かった……。
 近くにいた人が急に居なくなってしまうとこんなにも辛いのだと、気付いた。
 そんなことを思い出すと、気持ちが溢れ出てくる。
 頬には熱いものがつたっていた。

「蘭華の事が好きなのに……、話せなくて……。寂しくて……。心が痛くて……。蘭華がどれくらい俺にとって必要な人なのか……。よく分かったよ……」

 蘭華は微かに揺れていた。
 抱いているから、彼女の顔は見えないけどきっと彼女も俺と同じものが頬をつたっているのだろう。

「だから……、改めて言わせて欲しい……」


『私、剣也のこと好きだから』

 この言葉から俺たちは始まったんだと思う。
 幼馴染だけど、恋はこの時が始まり。

 そこから波瀾万丈の日々だった。
 楽しいこともあればすれ違いだって起きた。
 でも、今思い返せばその日々の1秒1秒が楽しい思い出。
 蘭華が傍にいてくれた。だからきっと楽しい日々になったんだと思う。

「ねぇ、剣也?私にも言わせてよ……」

 俺は無言で「いいよ」と伝える。
 彼女の声で、泣いているのは明らかだった。
 色んな気持ちが彼女の声には乗っている気がした。

「私も剣也と同じ、いや剣也よりももっと苦しかった……。胸が張り裂けそうで……。一緒にいた時はハッキリしていなかったけど、きっと剣也が居なかったら今の私はいなかったと思う。だから、私には剣也が必要なの……」

 俺と同じ思いを彼女はしていた。
 だとしたら余程辛かったのだろう……。
 俺はより一層彼女を強く抱きしめた。

 肌の温もりが、直接伝わってくる。
 今、彼女はこんなにも近くにいる。
 そう実感できる。

「私も……。改めて言わせて欲しい……」

『好きだ』

 2人の声は重なる。
 俺たちの心は、今1つになれた。
 そんな気もした。
 俺は抱いていた手を解いた。
 そして、彼女の顔を見た。

「何だよ?ひっどい顔だな!」

 自然と溢れたのは、さっきまでの涙とは反対の笑みだった。
 それは俺だけでなく、蘭華も。

「剣也こそ!」

 俺たちの笑い声は、静かなここの辺りに響いた。

「そう言えば、ここの桜は綺麗だったよな?」

 蘭華に告白されたこの場所。
 下校の時のいつも別れるY字の交差点。
 2本の道を挟んだ間に立つ1本の桜の木を俺たちは見る。

「そうだね!」

 告白されたあの時に咲いていた桜は、最高に綺麗だった。
 その記憶は半年経った今も鮮明に覚えている。

「あれから半年経って、あと半年もすればまた満開の花を咲かせるだろう」
「私は、多分その時にはここにいないと思うけどね」

 あはは、と彼女は苦笑いをする。
 留学をするのは3月。
 だから桜が満開を迎える4月には、もう彼女はここに居ないはずだ。

「その満開の桜がもし見れないかもしれないけどさ……。別の花は、今咲くかもしれない」

 俺は目線を彼女に向けた。

「どういうこと?」

 俺は、一呼吸置いた後に最高の笑顔でこう言った。

「俺と付き合って下さい」
「っ……」

 俺がそう言ってから少し間があった。
 彼女は1歩俺に近づいてきた。

 深く頭を下げた俺の頭に手の感触があった。

「とりあえず顔をあげて?」

 俺は顔をあげる。
 俺が彼女の顔を見るとさっきとはまた違う表情だった。
 泣いている……。

「断る理由……、あると思う?」

 そして、泣いたまま笑っていた。

 俺は彼女を再び強く抱きしめた。
 ずっとこのままでいたい。
 そんな気持ちだ。
 蘭華の鼓動が早くなるのを感じる。
 好きな人と近くにいるとドキドキするんだろうな。
 俺もドキドキが止まらない。

 俺は1度抱いていた手を緩める。
 彼女の顔を一瞬見て、キスをした。
 これまでに無いほど長い、長いキスを。

「ようやくここまで来たか……」

 ちょっと……。
 俺たちは気付いていなかったけど、あの人はずっと見ていたらしい……。
 恥ずかしい台詞も今の状態も……。

 俺たちは慌ててキスを止める。

「ちょっ、狭間っち!」
「ごめんごめん……。でも、止めなくても良かったのに。その幸せを分けてもらおうと思っていたんだよ」
「先輩……。空気読んで下さいよ……」

 3人の間に笑いが起きた。

「でも、今こうしていられるのも先輩のおかげ何ですよね……」

 1人だけでは、何も出来ない未熟な俺。
 そんな俺を遠回りはしたけど、ここまで連れてきたのは紛れもなく先輩だ。
 俺は先輩に心から感謝してるし、尊敬している。

「私も……。狭間っちにはいつも助けてもらって……。さっき、『ここで待ってて』って言ったのも、私たちのためだったんだね……」

 本当に先輩には感謝の言葉しか出てこない。
 いつも、ピンチの時には助けてもらった……。
 だからその大きな感謝を2人で伝える。

「ありがとうございました、先輩」
「ありがとう!狭間っち」

 俺たちの言葉を聞いて、彼女は頬を赤くした。
 どうやら照れているようだ。

「い、いや。別に、感謝されるようなことはしていないよ……」

 暫く、ここに静寂が流れた。
 でも、それを打ち消したのはいつもの元気な蘭華だった。

「で〜も!やっぱり盗み見は駄目でしょ?」

 悪戯げに蘭華は微笑む。

「よ〜し!遊びに行こう!そしてぜ〜んぶ、奢ってもらおう!」
「ちょっ、蘭華!」
「だってそれくらいの事はしたでしょ?それに祝ってくれたって良いじゃん!」

 蘭華の自由さには、本当に参る。
 でも、こんな所もきっと好きになった理由の1つなのだろうな……。

「ということで、レッツゴー!」

 蘭華は、先に歩き出す。
 それに渋々の様子の先輩がついて行く。
 そして俺も置いてかれないように、2人について行った。



 市街地へと出掛けた俺たちは、夜遅くまで遊んだ。
 カラオケとかボーリング、そしてクレーンゲーム。
 どれも楽しかった。
 先輩は、『財布が空になった』と嘆いていたが……。笑。

 そして、何よりも嬉しかったこと。
 それは蘭華の弾けた笑顔を間近で見られた事だった。

 でも……。
 蘭華がはしゃぎ回ったお陰で、家に帰ったのは10時半頃だった……。

 楽しかったからまぁ、いいか!



 こうして、俺は蘭華と付き合うことになった。
 俺たちの間に、遂に一輪の花が咲いた。
 蕾の状態から、時間はかかったけど見事な花が咲いた。
 何よりもそれは嬉しかった。

 そして、改めて思う。
 俺は……。

「蘭華の事が大好きだ!」

 と。


「Waving Life ~波瀾万丈の日常~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く