Waving Life ~波瀾万丈の日常~

柏崎 聖

64話 ゆっくりと時間をかけて

 ゆっくりと時間をかけて
 1

 静まり返った教室。ここにいるのは、3人だけだ。
 今は放課後。
 日はかなり傾き、次第に暗くなり始める頃だ。

「話の続き、お願いしていい?」

 俺は白川さんにそう頼んだ。
 絵里の過去。
 朝に、中学時代の彼女を白川さんに聞いていたのだが、予鈴に阻まれ話が途中になっていた。
 彼女は、コクリと頷き話を始めた。

「絵里ちゃんは、周りの人を信じていた。でも裏切られたから、人を信じなくなったんだよ。いわゆる、人間不信……。私とか特定の人物と話すことすらなくなったわ」
「……そうなっても仕方ないか……」

 人を心から信じていたのに、裏切られたのだ。
 人を信じられなくなってもおかしないだろう。

「変な言い方だけど、それだけで留まれば良かったのに……」
「どういうこと?」

 半弥がすかさず、質問を入れる。

「次第に、その人達への復讐を始めたんだよ」
「また手を出そうとしたの?」

 半弥の眼差しは至って真剣そのもの。
 半弥も俺と同じ、絵里の友達。
 救いたいと思うのは必然だろう。
 それが友達というものだと思う。

「その人達を嘲笑うようになったんだよ。授業中とかに。些細な間違いに、『馬鹿じゃないの?』とか言ったり……」
「……」
「それが更にエスカレートしちゃって……」

 白川さんはこれ以上言いたくなさそうだった。
 恐らく、言いたくなくなるほど嫌な内容なのだろう。
 だから、この話に終止符を打つ。

「大体分かったよ。俺は、その人格を治す方法は1つだと思う」

 裏切られて、人を信じられなくなった。
 それが原因で、人を嘲笑うようようになり、そして次第に人を避けるようになった。
 だとしたら原因は……。

「人間不信を治すしかない。信じてもらえるように、俺たちが頑張ればいい」
「頑張るって、どんなふうに?」

 半弥がそう返す。

「それは分からない……。これから考えるしかないと思う」

 暫くの静寂。
 それを破ったのは、何故か笑顔の白川さんだった。

「ねぇ、蔭山君?」
「?」
「私にも協力させて?そのこと。私、絵里ちゃんの1番の友達だと思っているから」
「もちろん!」

 日は更に傾き、教室も次第に暗くなる。

「今日は帰らないか?」

 それを見てだろう。
 半弥がそう提案してきた。

「そうだな」

 俺たちはそれぞれ、帰る支度をして暗くなった教室を去った。

 2


『蔭山さん。お願いがあるんです!』
「何があった?」
『あの馬鹿が、一目惚れしたって言ってきました。私どうすればいいんですか?』

 時刻は夜9時。
 家に帰ってきて、勉強しようとして机に向かった時だった。
 携帯からメールの通知音がなった。
 普段メールをしないため、この通知音は珍しかった。
 強いて言えば、蘭華から『遊ぼう!』と来ることがあるのだが、今のタイミングで来るはずもないだろう。
 俺たちは、互いに距離を取っているから……。
 最近は何かあればすぐに蘭華が浮かんでくる。
 懐かしい気持ちが、いつも胸を占領していた。

 俺は1度、深呼吸をした。
 その後に携帯のロックを解除し、メールを開くとそこにあった名前は『桃山 実咲』だった。
 彼女からのメールは、沖縄で彼女をナンパから救った後の、確認のメール以来だ。

 その内容が、一目惚れしたと言われました!って言われたら、ただの自慢にしか聞こえてこない。
 だが彼女は、自慢のつもりで言ってはいない。
 半弥からの突然の告白にどうすればいいか分からない。
 そんな状況なのだろう。
 でも、はっきり言って聞く人間違ってるよ……。
 俺、恋愛に関しては疎いからね。

 ただ彼女は俺を頼ってきている。
 無視は出来ない。

 って言ってもなぁ……。
 どうすればいいものなのか?
 それに、半弥も半弥だよな……。
 仲悪くなっていた状態で告白とは、すごい勇気いるだろう。
 そういう思い切りの良さは、正直尊敬する。
 うん。は馬鹿にしている訳じゃないからね!笑。

「桃山さんは、半弥のことをどう思ってるんだ?」

 俺がそう送信してから3分後、また携帯の通知がなる。

『どうって言われましても……。彼のことをそんな目で見たことないので。ただ、友達の目線から見れば、変わるかもしれない。そう思って、とりあえず友達として宜しくって言っておきました!』

 恋愛感情で好きか嫌いかではなく、単純に彼が嫌いなのか好きなのかを聞きたかったのだが……。
 それは、後でもう1度聞くことにしよう。

 俺は話を繋ぐためにツッコミを入れた。

「それ、半弥のことをふったのと同じだからな?」
『あ……。もしかしたら、そう捉えられてたかも……』
「勘違いしないで!って後で言っておいたらいいよ」
『それもそうですね』

 『勘違いしないで!』という言葉は、ツンデレ要素満載だ。
 きっと、半弥は大喜びするだろう。
 勘違いが勘違いを呼んでいるよな?これ。



「さっき、脱線したから話を戻すね。桃山さんって半弥のこと嫌い?」

 いつも邪魔そうにしているが、正直どう思っているのだろうか。

『下ネタを言ってきたり、ベタついてくるから嫌い……、苦手です。正直、彼の本心は知っているので、全体的に見れば、寧ろ好きです』

 思っていたのと、真逆の返答。
 彼女は、半弥の本心を見破っていたらしい。

「でも、恋愛感情があるか?と言われると、また別の話だと……」
『まぁ、そういう事ですね』
「俺からアドバイスが出来るのは、1つだけ。半弥とこれから仲を深めていく中で、恋愛対象なのかどうかを考えればいいと思う。答えを慌てても、後悔するだけだよ。恋愛は自然に生まれるもの。俺はそう捉えてるよ」
『そうですね。蔭山さんの言う通りだと思います。これからゆっくりと考えることにします。ごめんなさい。夜遅くにメールしてしまって……』

 携帯の時刻を見ると、午後10時半。
 かなり時間を割いていた。

「別にいいよ。それじゃあ、おやすみなさい」

 そう返信して、俺は勉強を始めた。


「Waving Life ~波瀾万丈の日常~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く