Waving Life ~波瀾万丈の日常~

柏崎 聖

57話 気付かなかった思い

 気付かなかった思い



 グラウンドに着いた俺は、すぐに西島を見つけた。

「西島!」
「どうしたの?蔭山君」
「良いから、ちょっと来い!」

 俺は、西島の腕を掴んで強引に引っ張った。
 そして、俺たちは校舎裏へと向かった。

「いい加減離してくれないか?」
「あ、悪い」

 俺は手を離した。

「で、何の用だ?」
「お前が信頼されていない理由を聞きに来たんだよ!」
「その話はしないと言っただろう?」

 西島の声は低い。だが、そこから怒りは感じとれない。

「蘭華から聞いたよ……。お前、蘭華の事が好きだったんだろ?」
「……」
「で、その後何かあったんだろ?それと、これとでは話が別かもしれないけど」
「……。そうか。聞いたのか……。なら話すよ」

 暗くなってきた外。太陽の光が届かない校舎裏は更に暗かった。
 西島は白いコンクリートの壁に背中を預ける。
 そして1度、深呼吸してから話を続けた。

「俺は、岸川の事が好きだった。無邪気な笑顔を見るのが好きだったよ……。でも、俺は告白してふられた。そのショックを引きずったまま生活していたある日。俺は腹立たしい光景を見た。好きでもない、ただの幼馴染が岸川と楽しそうに話をしている様子を。一緒に下校している様子を」

 幼馴染。すなわち俺のこと。
 要するに、彼は嫉妬していたのだ。
 好きでもない奴が、その女の子と楽しそうに話しているのが羨ましかったのだろう。
 もし同じ立場なら、俺はそう思うだろう。

「それで、俺はイライラしていたのだろう。教室で岸川と会話していた時に急に口調が荒くなった。それを見ていた周りの奴らが『こいつには裏がある』と思ったのだろう。途端にみんな、信頼しなくなった」
「……」

 これが原因で、西島が信頼されなくなった。
 だから蘭華は責任を感じていたのだろう。

「でも、時が経ってみんなその事を忘れたんだろうな。次第に信頼が戻ってきた。だから、今も何とか学級委員長を出来ている」

 西島は淡々と事実を述べていた。
 怒りもせず、ただ冷静に。
 しかし、彼の表情は次第に変わっていく。

「信頼されていない理由を聞いて、問題を解決しようと思っていたんだろう?」
「あぁ」
「なら、問題を解決するために手伝って欲しい」

 そう優しく微笑む。
 でも、この笑顔には明らかに裏がある。
 そう思える含みのある笑顔だ。

「何を?」
「お前、岸川に近づくな。決してな!」

 そして怒りの気持ちがこもった強い声で、俺に命令を下す。

『ド〜ン!』

 そのタイミングで、夕方祭りのイベントの1つの花火が打ち上がった。
 気付けば時刻もそれくらい経過していた。

「何でだよ?」

 西島の怒りが強くなるにつれ、俺の怒りもこみ上げてくる。
 次第に口調が強くなってきていた。

「この問題のそもそもの原因は、お前にある。だから償え。過去は変えられない。ならこの先の未来を変えればいい。俺が信頼を失った分だけ、お前は償うんだ!いいな!」

 俺は怒りを抑えられなくなってきていた。
 そしてその怒りが俺の体を動かす。

「何で、何でそうなるんだよ!」

 俺は右手で西島の胸ぐらを掴む。

「好きでもないやつが、好きなやつの邪魔をした。それが迷惑以外のなんだってんだよ!」

 俺は、その西島の言葉を聞いて手を緩めた。
 西島が怒っている理由。
 それは、のに、蘭華と楽しそうに一緒にいたから。
 好きでもない……。
 確かに、その時は好きじゃなかった。
 いや正確には多分気付けていなかった。
 胸の中にあったモヤモヤが、好きだという気持ちだったことに。
 でも、今は違う。
 俺は蘭華の事が好きだ。
 そして、昔から好きだったと言うことにも気付けた。
 つまり前から好きだった。

 じゃあ、言えばいいじゃないか。
 俺は蘭華が好きだと、西島に言えばいい。
 そうすれば、問題は解決する。

『たっ、たっ、たっ……』

 俺はこちらに近づいてくる足音に気が付いて、視線の向きをその方向に変えた。
 西島も自然とそちらの方を見た。

「あ、いた!剣也!遅いよ!って、西島君も一緒?」

 そう俺は、こんな無邪気に笑う彼女が好きだ。
 俺が遅いと、心配になって走って探しに来る彼女のことが好きだ。
 彼女の全部が俺は好きだ。
 そう胸を張って言える。

 俺は、1度深呼吸を入れた。
 そして、蘭華に前置きの一言を言った。

「なぁ、蘭華。聞いて欲しい」

 俺は優しい表情になるように、意識しているがそうはなっていないかもしれない。
 緊張で顔が硬くなっているかもしれない。
 でも、精一杯の笑顔で彼女に話す。

「どうしたの?剣也?」

 彼女は首をかしげていた。

「入学してすぐに、一緒に遊園地に行ったよな?」
「……」

 入学してすぐに、俺は遊園地に誘った。
 一緒に回れた遊園地の楽しさは今も覚えている。

「その帰りに、蘭華は言ったよな?『俺のことが好きだから』って」
「うん」

 恐らく西島はこのことを知らない,
 俺の背中側で、驚いている事だろう。

「俺さ、その時から胸の奥にモヤモヤを抱えていたんだよ。何とも言えない気持ちが、そこにはあった。でもその正体が、分からなくて今まで苦労したよ。真っ直ぐな道を何度も遠回りして……。でも、今俺はその時の気持ちが何だったか分かった」

 あれから、登下校するようになったり喧嘩したり、旅行したり。
 色んなことがあって、蘭華と近づいたり遠ざかったりした。
 プラスとマイナスの波を俺は、何度も挫けながらも乗り越えた。
 そうして、この気持ちが何だったのか。
 ようやく分かったのだ。
 その気持ちを精一杯の笑顔で言い放つ。

「俺は、お前のことが好きだ。大好きだ」

 好きと言えたことが余程嬉しかったのか、俺の頬には光るものがあった。


「Waving Life ~波瀾万丈の日常~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く