Waving Life ~波瀾万丈の日常~

柏崎 聖

31話 塵も積もれば山となる

 塵も積もれば山となる
 1

 旅行から帰ってきて数日後。
 今日は8月10日。朝9時である。
 沖縄から帰ってきてまず第一に感じたのは、自分の住んでいる所の心地良さだ。
 地獄のような灼熱に晒される心配もなく、ジメジメしない、まさに住むには絶好の所なのだ。
 まぁそういう話は置いておいて…。
 というか、置かざるを得ない。
 今、俺はとても焦っている。
 夏休み始まってから1度も手をつけていない宿題が貯まっていたからだ。
 うちの学校は、他の学校の宿題よりはるかに多い。
 そのため毎日コツコツと進めていかないと新学期までに終わらないのだ。
 だがしかし、旅行のことで頭がいっぱいだった俺は『宿題』という2文字を完全に忘れていた。
 こんな事では15日にある夏祭りに行けない…。
 それくらいの量が今、机の上に積み上げられていた。

 俺はやる前に宿題の量を数えてみることにした。
 国語の課題が3つ。
 数学も3つ。
 英語は4つ。
 まとめて理科が5つ。
 同じくまとめて社会が5つ。
 そして、プラスで読書感想文がある。
 合計21個。ワーク課題のページ数もかなり多い。
 答えを写してしまえば楽勝じゃないのか?と思うかもしれない。
 残念…。
 写してしまえば、夏休み明けにある宿題テストというもので、答えを写したということが丸裸にされてしまう。
 という訳で、1学期末の考査で好成績を残した俺は答えを写すという選択肢を排除して、きちんとやることにした。
 が…。
 問題1つ1つがそもそも難しくて、解くのにもかなりの時間を費やしてしまう。
 それに解答を見ても分からない問題もある。
 では、問題です。
 分からない問題が多くてはかどりません。
 答えを写すことは出来ません。
 さぁどうしますか?
 …。
 答えは、期末考査で好成績を残した自分よりも更に上の人に助けを求めることです。
 と、頭の中で自問自答してやることを決めた俺は携帯を手に取り電話をかけた。
 もちろん電話の相手は、学年5位に入った蘭華である。

「もしもし?」
『あ、剣也?丁度よかった!一緒に勉強しない?』
「奇遇だなぁ。俺も誘おうと思っていたところだ」
『じゃあ決まり!今から行くね〜!』

 そう勢いよく決めた彼女は電話をブチっと切った。
 本当に彼女の行動力には驚きを隠せない。
 そして、電話をかけてから30分後に彼女は家にやってきたのだった。

 2


「おはよー!剣也!」

 朝から絶好調の蘭華は、俺の部屋の真ん中に置いてある丸いテーブルの前に座った。

「もしかして、剣也も宿題ノータッチだった?」

 も…ということは。

「そうだけど…。蘭華はノータッチなのか?」
「そうだよ。忘れてた、あはは〜」

 彼女は困ったという感じで苦笑いしている。
 気付いている方も多いとは思うが、蘭華は成績は良くても馬鹿なのだ…。
 まぁ馬鹿な所も彼女のいい所ではあるのだが。

「あ、そうだ。この数学の問題教えて欲しいんだけど…」
「どれどれ?」


 こうして勉強会は始まった。
 しかし始まって15分後のこと。

「飽きた〜!」

 蘭華が背伸びをしながら叫ぶ。
 飽きるの早くないか?
 というか、成績優秀者がものの15分で勉強に飽きるとは…。
 15分で勉強を放り出す人が成績いいなんて…。
 理不尽にも程がある。
 俺は、彼女が飽きたのを見て集中力が切れた。
 1度リセットするために1階にお茶と菓子を取りに行った。

 5分で俺は自分の部屋に戻ってきた。

「お茶持ってきたぞ…って何してんだよ!」

 俺が部屋を見渡すと、物が散乱していた。
 それをやったであろう張本人は、ベットの下を覗き込んでいる。

「エロ本ないかなぁって思って〜。えへへっ!」
「『えへへっ!』じゃねぇよ!あるわけ…」

 ないだろ!って言おうと思ったけど…。
 あるんだな〜、それが。
 自然と汗が滲み出てくる。
 そして焦りが表所に出てくる。

「その慌てぶりはあるんでしょ?」

 蘭華は立ち上がり、机の引き出しを引いた。
 そして中から出てきたのは、水着写真集とかグラビア写真集とか、その他もろもろの雑誌だ。
 その中にはエロ本もある。

「や、やめろ〜!」

 俺は蘭華から本を取り返そうと蘭華の両手を掴んだ。
 そしてそれを振り払おうとした蘭華は足で俺の急所を蹴った。
 俺は一瞬でノックアウトされてしまった。
 痛い…。
 俺が床で寝転がっている間に、蘭華は本のページをめくる。
 へぇ〜とか、ふ〜んとか、言いながら本に一通り目を通した。

 読み終わった頃には俺の急所の痛みが少し引いていた。
 だが痛いことには変わりない。

「返せ…」
「うん、良いよー!全部読んだし」

 蘭華は元々入っていた引き出しの中にエロ本をしまった。
 そして、うずくまっている俺を無視して蘭華はテーブルの前に座って勉強を始めた。
 どうやら彼女にとっては気分転換になったらしい。
 鼻歌を歌いながら勉強に取り組んでいる。

 一方の俺は痛みのあまり涙を流す始末。

「助けてくれ…」

 という俺の叫びは、蘭華まで届かなかった。

 こうして勉強会は再開された。
 ちなみに今回の一件。
 エロ本が無ければこういうことは起きなかった。
 そもそもこのエロ本、俺のではない。
 半弥が、夏休み前に家に来た時のこと。
 俺がトイレに行っていた時に、半弥が他の写真集と一緒に引き出しにこっそり隠したものだ。
 まぁちょっとしたイタズラだ。
 俺はその事を次の日に知ったのだが、返そうにも学校には持っていけない品物だったので、そのまま保留にしておいたのだ。
 つまり、全ての原因は半弥にある。
 俺は心の中で思った。

『次会ったらボコボコにしてやる』

 と。


「Waving Life ~波瀾万丈の日常~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く