Waving Life ~波瀾万丈の日常~

柏崎 聖

24話 喜色満面

 喜色満面
 1


『トントン』

 ドアをノックする。
 午後9時を回ったのでノックの音が廊下によく響く。
 ここは308号室。
 つまり、蘭華と絵里の部屋である。

『ガチャ』

 中から風呂上がりと思われる蘭華が出てきた。

「あ、ごめん。わざわざ呼び出して。入って!」

 俺は中へと案内される。
 俺達の部屋とは違いちゃんとツインなので2つベットが置いてある。
 俺は蘭華のベッドにちょこんと座る。

「で?話って?」

 俺は話があると言われたのでわざわざ1つ上の階の部屋までやって来た。
 俺が質問すると備え付けの椅子に座っている蘭華がいきなり目を伏せた。

「うん。ちょっとね…」
「どうした?」
「普通に話したいの。絵里ちゃん、寝ちゃったから」

 蘭華の視線の先はもう1つのベットに向いている。
 その先には絵里が半弥同様、旅の疲れで寝ている。

「そうか。俺の部屋も丁度半弥が寝た所だったから…」

 そう言うと、2人の間に沈黙が生まれた。
 こういう時何話せばいいんだ?
 多分2人とも同じことを思っている。
 いつも一緒に登校する時はこんなことにならないのにな…。
 長く考えた末、ようやく思いついた。

「なぁ、蘭華」
「何?」
「明日はどこに行く?」
「すぐそこにある海に海水浴に行こうと思ってる。あそこの海はすごく綺麗だよ」
「エメラルドグリーンだよな」
「うん。すごく楽しみだなぁ」

 こういう何気ない話も旅先では何故か特別に感じられる。
 また沈黙。
 話があまり続かない。

「ねぇ、剣也」

 今度は蘭華の方から声をかけてきた。

「私、やっぱりやったら駄目なことしようとしてるよね…」

 多分留学の件だろう。

「蘭華自身、行きたいと思ってる?」
「もちろん、行きたいよ」

 なら行けばいい。
 そう言おうと思った。
 だけどどこかに躊躇いがあった。
 自分自身、別の思いがそれを邪魔していたから。

「なぁ、この話は止めておこう。せっかくの旅行だし、楽しい話しよう」
「そ、それもそうだね」

 その後、俺達は中学時代や高校生活の事で盛り上がった。

 気が付けば日をまたいで午前1時。
 蘭華の目がしょぼしょぼしてきていたので、そろそろお暇しようと玄関へ向かう。
 その時だった。

「待って!」
「え?」

 俺が振り返ると俺の胸に飛び込んできた。
 どこか弱々しい蘭華が。

「どうしたんだ?」

 よく見ると、彼女の目には薄らと涙が浮かんでいた。

「行かないで…」
「いや、2度と会えない訳じゃないし」
「じゃあ、俺は戻るからな」

 そう言うと、蘭華は更に強く抱き締めて来た。
 おい、胸が当たってるって!
 は、恥ずかしいから止めろ!

「なんでいて欲しいんだ?」
「だって、私…」

 そう言うと、蘭華は顔を上げた。
 涙が溢れて、顔が赤くなっていた。

「ずっと剣也と話をしていたいもん」

 俺と一緒にか…。
 ふっ…。
 不思議と笑いがでてくる。

「なんで笑うの?」
「嬉しいこと、言ってくれたからだよ。でも、また明日話せるだろ?明日じゃなくて今日か…」

そう言うと、蘭華は涙を拭って微笑む?

「そうだね。うん、ごめん。変なことしちゃって」
「いや、別に」

俺の精神は壊れそうだったけどな。

「じゃあ、おやすみ」
「おやすみ、剣也」

 俺は308号室の扉を閉め、自室へと戻った。

 2

 午前1時半。
 眠いはずなのに寝れない。
 なんだろうか、この舞い上がる気持ちは。
 多分、抱きつかれた時から感じている気持ち。
 それに胸がドキドキしていて治まらない。
 何か体全身がムズムズしている。
 そういった気持ちが頭を占領していたので眠れなかった。
 俺は、周りの少しの明るさもシャットアウトするように布団の中に入った。


「いや〜、よく寝た!」

 俺は起きてすぐにカーテンを開けた。
 ん?どういう事だ?
 外は何故か暗いのだ。
 携帯を見てみると、時間はなんと午後8時を指していた。
 どうやら疲れ過ぎていて寝てしまったらしい。

『ガチャ』

 風呂場の戸が空いた。
 半弥が入っていたのだろうと思っていた俺は、その出てきた人を見て驚いた。
 バスタオル1枚だけの姿の風呂上がりの蘭華。

「あ、剣也?起きた?」
「いや、起こせよ!ってかなんて格好してるんだ?それになんで俺の部屋で?」

 ツッコミどころが多すぎて困る。
 すると蘭華は衝撃の発言をする。

「あれ?剣也が呼んだんでしょ?」
「は?」
「剣也、さっきまで起きてて電話で私を呼んだよね?」
「え?」

 いやずっと寝てたけど。

「それで、『俺と一緒に寝ないか?』って誘ってきたから来たんだけど…」
「どういう事だ?」

 そんな爆弾発言、俺には出来ない。

「寝ぼけてるの?もう…」

 寝ぼけてない。俺はちゃんと起きてる。

「ねぇ、剣也。やる?」
「いや、何を?」
「え、エッ…」
「やめろ!言うな!や、やるわけないだろ!」

 そんなこと出来るわけない。
 というかそんな度胸ない。

「で、でも…。私はしたいんだけど…」

 し、したいだと?
 こんなの蘭華じゃない…。
 夢なら覚めてくれ!


「はっ!」

 俺はベットから落ちて床に頭を打って目を覚ました。

「ゆ、夢か…。だよな。そんなこと言ってくるやつじゃないし…」

 多分疲れ過ぎているんだ。
 時計を見ると朝6時。
 朝食まではまだ1時間以上ある。
 俺はもう1度寝ることにした。

 こうして、俺は2日目を迎えた。


「Waving Life ~波瀾万丈の日常~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く