Waving Life ~波瀾万丈の日常~

柏崎 聖

16話 形勢逆転

 形勢逆転
 1

 いつぶりだろうか。
 蘭華の家に泊まるのは。
 中学2年の頃までは、よく泊まっていた。
 あの事故が起こる前まで行っていたのに、いつしかこの家に来なくなっていた。

「じゃあ、また後で」
「早く来てね、剣也。待ってるから」
「あぁ」

 そう言葉を交わし家へと再び歩き始めた。

 あの事故がなければもっと仲良くなっていたかもしれない。
 もっと楽しめたかもしれない。
 別に今の生活に不満は感じていない。
 だけど…。

「私、剣也の事好きだから」

 あの時の言葉をもっと早く聞けたら…。
 タラレバで話してても後悔しか出てこない。
 俺はこのことをスッキリ忘れるために一言口に出す。

「よーし、頑張ろう!」

 壊滅的な数学を打破するために…。
 情けない。笑。

 家に帰って素早く準備して美香に泊まりに行くことを伝える。

「じゃあ、行ってくる」
「どうするつもりなのなぁ…」

 声が小さくてよく聞こえない。

「どうした?」
「いや、何も無いよ。行ってらっしゃい!」
「あぁ」

 俺は家の扉を開ける。

「お兄ちゃん」

 俺は服を掴まれ呼び止められた。

「お兄ちゃんは蘭華さんと絵里さん、どっちを選ぶの?」


 2


「お兄ちゃんは蘭華さんと絵里さん、どっちを選ぶの?」

 予想外だった。
 美香が知っていたことよりも、その事を直接伝えてきたことを。

「2人から別々に聞いたよ。告白されたんでしょ?」

 確かに告白された。
 俺のことが好きであると。
 でも未だに答えは口にしていない。
 心の中では決まっていたはずの思いが揺らぎ始めた。

「別に告白されて答えを出してないことに文句はないよ。だけどね、そのままにしておくのは良くないと思うよ?」

 分かってる。
 答えを出さないと解決しない。
 数学と一緒だ。
 だけどその答えは数学のように1つとは限らない。
 だから、俺は未だに頭を悩ませているのだ。

「それは俺の問題だ。何とかする」

 結果を出せないことに焦りを感じていたからか、少し気が立っていた。

「うん。頑張って」

 妹は少し、しゅんとしてしまった。
 俺はそれを追い払うように声を出す。

「行ってきます!」

 俺の明るい表情に安心したのか、妹も表情を取り戻した。

「行ってらっしゃい」


 さっきの出来事で気持ちが揺らいでしまった。
 俺は1つの結論を固めようとしていた。
 だけど、答えは1つではないしもう少し慎重に考えてもいいだろう。
 そう心で決めた。


「お邪魔しまーす!」
「剣也!入って!」

 中学2年の時ぶりにこの家の香りを感じた。
 あの時から変わらない木材の香り。
 帰ってきたという実感が湧いていた。
 時刻は6時を周っていた。
 次第に日が長くなっているので、外はそこまで暗くない。

「とりあえず、部屋に荷物置いて夕食ね!」
「あぁ」

 俺達は階段を登って2階にある蘭華の部屋に向かった。
 ん?蘭華の部屋?
 まさか、2人で寝るのか?
 絵里の時だけでもうお腹いっぱいなんだけど…。
 食欲はあるけど。

 3


「あら、いらっしゃい剣也君」
「ご無沙汰してます、お母さん。それにお父さん」
「暫く見ないうちにたくましくなったな、剣也君」

 昔から来ているのもあって、蘭華の両親とは面識がある。
 2人とも落ち着いて優しい性格の人だ。
 その点は蘭華も似ている。

「夕食にして、お母さん」
「はいはい」

 俺達は席に着いた。


「怪我はもう大丈夫なのか?剣也君」

 お父さんが口にカレーを頬張りながら話す。

「えぇ、もうすっかり」
 あれから約1年。もう怪我の事を忘れてしまいそうなくらい良くなっていた。
 今では他の生徒と変わりなく走ることも出来る。

「お父さん、口に頬張りながら話さないで!」
「あぁ」
「お前も口にご飯付いてるぞ」
「あら、ごめんなさい」

 こんな仲のいい夫婦になれたらな。
 そう思えた。

 食事が終わって蘭華の部屋に移った。

「さぁ勉強会やるよ、剣也!」
「よろしくお願いします」
「メス」
「おい。これからオペを開始します、メス。みたいな流れでやるな」
「1回やってみたかったんだよねぇ」

 こいつが手術すれば患者は死んでしまう。
 天然ぶりが思いっきり影響するだろう。

「そもそも、解の公式ってなんだ?」
「えーっとね、2次方程式って分かる?」

 分かるわけが無い。
 なぜなら1次方程式すらよく分からないからだ。
 そもそも方程式ってなんだ?

「はぁ、そこからね。みっちりやるから覚悟してね。それでは開始します」
「お願いします」
「メ…、いてっ!何するの、剣也」

 2回もくだらないことに付き合ってなどいられない。
 その前にチョップを頭にかました。
 俺達はいつしか勉強に夢中になっていた、

 時間を忘れるくらい集中していた俺たち。
 時間はいつの間にか日をまたいで1時になっていた。
 各自で風呂を済ませ、明日のためにもう寝ることにした。

「剣也、電気消していい?」
「いいぞ」

 そのまま、静かに夜が過ぎていくと思っていた。
 だけどそうは行かないのが、現実。

「寝てないよね、剣也」
「そんな早く寝れるかよ」

 電気を消してからわずか10秒後の出来事。
 寝られるのはギャグ漫画の世界だよ。

「剣也は、私が好きって言った時どう思った?」
「と、唐突だな」

 いきなり過ぎて動揺してしまった。
 あの日。
 学校からの帰り道のいつも別れる交差点。
 何気なく通っていたその場所は、忘れられない場所となった。

『私、剣也の事好きだから』

 今も耳に残っている。
 蘭華の優しい声色が。
 正直に言うとあの時、キスもされた事で激しく動揺してあまり鮮明には覚えていなかった。
 なんてとても言えない…。
 1つ覚えているとしたら、心の中でドキッとした事だ。

「お前が本気なんだなって思ったよ」
「そ、それだけ?」
「それだけ」
「そう。ねぇ剣也こっち向いて」

 俺は顔を彼女の方から背けていた。
 2人並べられたベットで向かい合って寝るのは精神が持たないからだ。
 俺は呼びかけに答えるように、顔を向ける。
 彼女を暗いながらも近くで見ると、いつもより可愛く見えた。と言うか普通に可愛い1人の女の子だと思う。
 あまりに近くて息の音が聞こえる。
 それに恥ずかしさを感じて俺は視線を逸らす。

「私の顔、見てよ」
「は、恥ずかしいんだよ」
「剣也、可愛い。笑」
「お、お前。冗談でもそんな事言うなよ。恥ずかしいんだって」
「ねぇ、剣也」
「ん?」
「真剣に聞いて」

 暗闇の中でもハッキリと分かった。
 彼女が真剣に話そうとしていることが。

「私は剣也の優しいところとか、カッコいいところとか色々知ってる」
「あぁ」
「いついかなる時も剣也は私のこと考えていてくれた」
「あぁ」

 その時は突然だった。

「だからこれは確認ね」
 2度目の感触。

 あの日感じた思いが一気に思い出された。
 彼女のこと。
 思えば、ずっと傍にいてくれた。

「おやすみ」

 彼女は布団の中に身を潜める。
 俺が折れそうな時。
 苦しかった時。
 悲しかった時。
 そんな時、彼女は俺を助けてくれた。
 楽しかった時。
 嬉しかった時。
 そんな時、彼女も一緒に楽しんでいた。
 その彼女にある気持ち。
 それは感謝。
 それと1つの大きな思い。

「俺は、蘭華のことが好きだ」

 ちゃんと伝えられた。
 はずだった…。のに。

『くかーっ。』
 寝てる。

 10秒以内に寝られるのはギャグ漫画だけだったんじゃなかったのかよ!
 俺はまた別の機会に伝えればいいと割り切り、眠りにつくことにした。


「好きだよ。剣也」

 ふっと寝言が聞こえた気がした。

 補習に、普段勉強を重ねて挑んだ中間考査。
 数学のテストの結果は、格段に上がり先生に褒められるほどだった。
 だが、お気づきだろうか?
 数学をどれだけ上げようと、他の教科が下がれば意味が無いことを。
 数学のみ集中的に勉強していたため、ほかの教科の点数が下がり、総合152位。

「もぉ〜!」

 そう叫びながら崩れた。
 テストの個表を貰いに行った教卓の前で。
 クラスメイトからは白い目で見られた。
 そんなことも気にせず、さらに一言。
「どうしてこうなるんだよ〜!」
 その声は外の風に乗せて遠くに消えていった。

「Waving Life ~波瀾万丈の日常~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く