Waving Life ~波瀾万丈の日常~

柏崎 聖

7話 桜花爛漫

 桜花爛漫
 1


 いきなり起きた修羅場。
 玄関に現れた妹が連れてきた謎の男。
 家の中には絵里もいる。
 勘弁してくれ……。

 とりあえず俺は、妹と謎の男を連れて外に出た。


「どうしたの?お兄ちゃん?」


 首を傾げると揺れるポニーテール。
 スラットしたスタイル。身長は小さいけどね。
 名前は、蔭山かげやま 美香みか
 俺の2つ下の中学2年生。


「いや今、俺の客がいるんだ。その人が今日泊まっていくけど、いいか?」
「待って!もしかして女?彼女、とか?」

 いや、どんな女でもみんな彼女にするのはやめてくれ。
 どうして、こういう年頃の女子は女といると勝手に付き合っている設定にしたがるんだ……。

 妹の横にいる謎の男は、俺と妹の会話を不思議そうに眺めている。
 ……って、お前だよお前。
 一体誰なんだ。


「その話はひとまず置いといてだな……」
「待って!置いとけないよ!私の愛しのお兄ちゃんが他の女に取られそうになるのを黙って見過ごせないよぉ!」
「お前な……。そういうブラコンな性格、せめて人のいる前ではやめておけよ」
「なんでだよぉ」


 プーっと膨らました頬がどことなく可愛いリスに見える。
 言っておくが、俺はシスコンではない。
 
 なぜ妹がこんな性格なのかは俺もよく分からない。
 別に、特別な何かをしてあげたわけでも命を救った訳でもない。
 でも何故か昔からこんな感じなのだ。
 親孝行のいい妹なだけに、玉に瑕だ。


「で、その男は一体誰なんだ?」


 夕焼けが臨場感のある雰囲気を醸し出し、修羅場感を増させている。
 どうやらお天道様は、この修羅場を面白がっているらしい。


「あれ?知らなかったっけ?お兄ちゃんの学校に狭間 美玲さんって人いるでしょ、女優の。その人の弟だよ!宏誠こうせい君。お兄ちゃんの事知ってるみたいだったけど……」


 剣の女王の弟?
 全くそういうふうに見えないけど……。
 雰囲気がちょっと緩い感じで、冷たいオーラを感じない。
 あまりにも似ていなくて、疑問に思ってると本人からちゃんと自己紹介があった。


「すんません。ご紹介遅れました、狭間はざま 宏誠こうせいと言います。お兄さんのことは姉から伺っております。妹さんとは塾が同じで、今日はたまたま遊びに来ないかと誘われまして……」


 とりあえず、剣の女王と真反対で礼儀正しいことは分かった。
 だけど、俺はこのタイプはちょっと苦手だ。
 「先輩!先輩!」と俺を慕ってくれるのは別に悪いことではない。
 だけど、大抵こういう奴は一度ではなく何度も押しかけてくるのだ。
 そのため面倒なことと、うざいことが本当に苦手な性格の俺には、こいつのような性格は、苦手な部類に入るのだ。

 そういう問題もあるが、家には絵里もいるて修羅場になるととても困るのでお帰り頂きましょう。


「分かった。でも帰れ。今日はもうこんな時間だろ?」


 確かに今は夕時。
 良い子は帰るお時間だ。


「じゃあ、泊まらせてください!お兄さんにお話があるので!」


 宏誠は、そう言って何度も頭を下げてくる。
 まさにこの行為が、俺にとってはとても鬱陶しいのだ。
 俺は全力を尽くして、帰らせようとする。


「知るか!そんなの今度でもいいだろ?いいから帰った、帰った!」
「お、お兄ちゃん!失礼でしょ?せっかく遊びに来てもらったのに……」


 妹は制止に入るが、そんなのは聞き入れない。
 修羅場なんてもう御免なのだ。


 突然、家の前で車のブレーキ音が聞こえた。
 音の聞こえた方を見ると、立派な高級車が一台止まっていた。
 助手席のドアが開く。


「ちょっ!」


 そこから出てきたのは、宏誠の姉。つまり、剣の女王。


「うちの宏誠がお世話になりま……って、貴様!私の弟に手出しはしてないだろうな?」


 何度聞いても凍てついてますね、女王のお言葉は。
 それにこの人、もしかしてブラコンなのか?


「宏誠、迎えに来たぞ」


 風格がもはやモンスターペアレントだ。
 なんて心の中で思うと、剣の女王ギロっとこちらを見た。
 なぜ心の声聞こえるのだろう……。


「はぁ、仕方ないなぁ。すいません、お兄さん。泊まるのはまた今度に……」


 宏誠はガックリと肩を落とす。
 と同時に、俺は心の中でガッツポーズした。

 完全に諦めた宏誠は、こちらに一礼して車に乗り込んだ。
 一方の姉は、俺を鋭い眼光で威嚇した後、車に乗り込んだ。
 そして、2人の乗り込んだ高級車は走り去っていった。


 それを見届け、完全に視界から消えた途端、俺はニカニカしながらこう言い返す。


「いや、2度と来なくていいから」


 と、さっき「泊まるのはまた今度に……」と言っていた宏の言葉に、さりげなくお答えして、俺は妹を連れて家の中に入っていった。

 気付けば夕日はすっかり沈んで、修羅場を演出していた光も、次第に暗闇に飲まれていった。
 どうやら、お天道様も修羅場の演出を諦めたようだった。

 
 2


 リビングに戻ると、学校で椅子に座っているのと大差ない姿で、ソファーに座っていた。


「遅い!何してたの?って妹さん?可愛い!」
「こんばんはー!剣也の妹の美香です。いつもお兄ちゃんがお世話になってます!」
「ったく、見習いなさいよあんたも」


 ブーメランになっていることに本人は気付いていないご様子。


「私の名前は皆田 絵里。絵里でいいよ!よろしくね!」
「はい!未来の義姉ちゃん!」


 その超問題発言に、絵里は口に含んでいたお茶を吹き出しかけていた。
 そしてなんとか飲み込んで、焦った表情で言う。


「わ、私は、別にこいつと付き合ってなんかいないよ!」
「では、なぜ義姉ちゃんはこの家に?」
「それは、ね……。って、義姉ちゃんって呼ばないでよ……」


 絵里は、今日泊まる経緯を淡々の述べた。
 すると妹は納得したのか、


「へぇー、そういう事ですか。分かりました!」


 と、極めて普通の回答をしたかと思うと……、


「くれぐれも羽目を外さないようにして下さいね!」


 と再び爆弾発言。
 俺と絵里は思わず、


『だから付き合ってない!』


 と、息を合わせて叫んだ。
 妹はこれに懲りず、ニヤニヤとして言う。


「ほーら。息ぴったりじゃないですか!お似合いですよぉ」


 俺はもう我慢の限界になったので、


 「次言ったら、あの男ぶん殴るぞ」


 と、出来もしないことを口にした。(背後に剣の女王がいるので)
 これでさすがに観念したのか、妹は一言、


「はいはい、分かりましたぁ」


 と言って、この場を立ち去った。


 立ち去った後、言い返すのに疲れた絵里に言った。


「そういや、風呂沸いたからお先にどうぞ」
「じゃ、先に入らせてもらうわ。ねぇ、絶対に覗かないでね!」
「覗くかよ」


 絵里は、安心た様子で風呂場へと歩いていった。

 ようやく開放された俺は、束の間の休憩をすることにした。


 3


 お風呂にそれぞれが入ったところで夕食を取ることにした。
 まだ親は帰ってきていない。
 夜勤なのだろうか……。


「ねぇねぇ」
「ん?」


 夕食を食べ終え、2時間ほどテレビを見ていたら、突然絵里が話かけてきた。


「あんたの親帰ってこないの?」
「いや、連絡来てないんだ」


 と、俺達が話をしていると、携帯の着信音がなった。
 俺が携帯を開くと親からメールが届いていた。


「『ごめん、お父さんもお母さんも朝まで帰らないから』だってよ」
「あんたの親、実はこの家にもういるんじゃないの?」
「かもな」


 あまりにもタイミングが良すぎるので、そう疑いたくなる。
 

「……って、ちょっと……」


 絵里は何か嫌なことを思い出したかのような表情で、震えた声で話す。

 俺は知っている。
 ろくなこと言わないことを。


「親が帰ってこないってことは、2人きり!?」


 俺の予想していた通りの内容を口にした。
 ワナワナした口元。恥ずかしいのか、赤らめた頬。

 はぁ、と俺はため息をつく。


「あぁ〜、お前なぁ」
「何?ため息なんてついて……。ってか、少しくらい心配したらどうなの!」
「何の心配をするんだ?」
「何のって、今日は私たち2人きり……、あっ……」
「いや、『あっ』じゃねぇよ」


 どうやら気づいたようだ。
 次は別の理由で、顔を赤くしている。


「お兄ちゃん!絵里さん!寝る所ないからお兄ちゃんの部屋に布団敷いといたから!」


 と、ここで忘れられていた張本人がやって来た。
 ……って、今なんと?

 
「ありがとうね、美香ちゃん……って、ええぇ〜〜〜!」
「おい、いい加減にしろ美香。お前、わざとやってるだろ?」
「え、何を?私はただ、将来のご夫婦には同じ部屋で寝てもらおうと思っただけで〜」


 『やってやったぜ!』と言わんばかりの悪巧みスマイルで、そう俺にいう。
 本当、余計なことしかやらないな、こいつ……。


「ふ、ふふふふふ夫婦だなんて!」
「お前、なんか喜んでねぇか?」
「よよよよよ、喜んでなんてないわよ!」

「喜んでもらえたようで何よりです!」
『喜んでないわ!』


 そんな謎のやり取りが続き、気付けば午後9時を知らせる時計のチャイムがなる。
 それを聞いてか、美香が突然美香が出ていこうとする。
 そして一度振り返り、


「お兄ちゃん、私もう寝るね!おね、絵里さんもおやすみなさい!」


 そう言い残して、ようやく妹は去っていった。


「美香ちゃん……。乙女なんだね……」


 と、彼女は疲れきった表情で嘆いた。


「そうだな……」
「私達も行こっか。なんか疲れちゃったし……」
「同感だ」


 美香との壮絶なやりとりの末、疲弊しきった俺たちは、いつもより早く寝ることにした。

 
 2階にある俺の部屋は、それなりに広い。
 だから2人分寝るのには十分な広さだった。
 
 絵里は何事も話さずに布団に入った。
 その様子を見て俺は電気を消し、自分自身も布団に入った。
 
 俺は自分の部屋の微妙な変化に気づいていた。
 何やら消臭スプレーの匂いがする。
 その上、部屋が綺麗になっていたのだ。
 こういう細かい気遣いは出来るくせに……。俺は心の中でそう思った。


 
 目を瞑って30分くらい経っただろうか。
 いつもより早い時間だからか、全く眠れなかった。
 一度起き上がって、携帯で時間を確認する。
 丁度10時を回ったところだった。

 部屋には月の光が差し込んでいて、消灯しても完全に暗くなることはない。
 
 俺は再び眠ろうと、体を倒し頭を枕に置いた。
 そして目を瞑ろうとした時だった……。


「あのさぁ」


 聞こえたのは、眠っていたと思っていた絵里の声だった。
 俺は寝転がったまま、絵里の方を見る。
 
 差し込む月の光で、すぐ近くにある顔がはっきりと見えていた。
 そのあまりの近さに、俺は恥ずかしさを隠せず、頬が紅潮する。


「な、何だ?」
「もしかして、期待してたの?顔、赤いよ?」
「うるさい……」


 夜なのでいつもの声量では話せない。
 絵里は、再び口を開く。


「ごめんね、剣也君……」


 今まで聞いたことのない優しい声。
 そして初めて名前で呼ばれた。
 両方で俺は、驚きを隠せずにいた。


「親と喧嘩したっていうの……、あれ嘘」


 美香とはまた違った、悪戯な表情。
 それだけではない。何かを違う感情も含んでいる気がした。
 ……、何故か俺は、昨日の出来事での蘭華の表情を連想した。

 絵里は少し躊躇いながらも、続けて話す。


「私ね。昔から剣也君の事が好きだった……。だからこういうこと、したんだ……」


 俺は、僅か2日の間に2度も告白された。


「Waving Life ~波瀾万丈の日常~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く