転生しました。しかし、水でした。

狂乱さん

勇者(笑)、うざい

さてと、この手に入れたモルモッ…………ゲフンゲフン、奴隷二人は表向きは俺の助手にしておくか、裏向きか?察しろ

「何故貴様のような下民に妾が買われなければならんのだ!」

「…………」

「…………(#^ω^)」

あ、クトゥグア怒り抑えてくれよ?

そしてもう一人は凄いおとなしいな

「貴様もそうは思わぬか?エルフよ、誇り高きエルフならばこれは耐え難いじゃろうて」

「…………死にたく無い…………ただそれだけ…………逆らわない方が身の為…………特にこの人物には」

ん?もしかしてバレたか?

「このまま出るのはさすがに不味いか、なら」

俺は体に大量に圧縮された水を獣人奴隷の…………たしかレオナだったか、そいつの耳と尻尾、あとエルフ奴隷のポワレ?だったか、こいつの耳にかけた

「ひゃ!?ぶぶぶ、無礼者!何をする!」

「ンッ!?…………」

よし、これでなんとか獣人とエルフには見えないだろう

「これで、お前らは他の奴らには人族にしか見えん、見つかりでもしたら面倒だ」

「なるほどな、さすがクトゥル…………リュウスイだ」

「…………?」

「さて、研究室に帰るか」

「もうこの街には戻らないのか?」

「ああ、ほしい物は買えた、それに勇者(笑)が来たら来たで面倒極まりない」

「まぁ、そうだよな、いや、自業自得?それとも?」

「脳筋のお前が考えた所でろくなの出ないだろ?」

「ウグッ!?」

「行くぞ、モルモッ…………奴隷達」

危な!?危うく言うとこだった

そして俺たちは街を出ようとしたその時

「ん?あぁ、あの時の君か?目的は果たせたか?」

あいつは確か…………俺たちに色々と手伝ってくれたヘイズさん

「ん?あ、ヘイズさん、あの時はありがとうございます、目的は果たしたので今から帰る所ですよ」

「そうかそうか、なに、あれは俺の親切、いや、自己満足だ、気にするな」

「へぇ、あなたは欲と言う物を熟知している様子ですね」

「と言う事は君も…………」

「あ!?こんな所に!?あの時の恨み!」

「あ?」

あれは勇者(笑)ではないか?出会い頭のとび蹴りとか、礼儀を知らんのか?

「ふわぁぁぁあ」

「ッ!?」

俺は特に避ける必要も感じなかったので、そのまま形を保って体を水に戻した、そして眠かったのであくびをした。水が寝る必要?無いけど眠いものは眠い、それに根を詰め過ぎると研究が捗らない

てな訳で勇者(笑)様は貫通した

「ふん、いいきみよ!これで妾は自由に…………」

「なれる訳ね~だろ、てか、勝手に殺すな」

「…………!?」

「あと勇者(笑)、そろそろウザイ」

俺はさっきから目の前で戦闘体制になってる勇者(笑)をうざいので凍らせて殴った、死にはしないだろう

なんだろ、凄い実験が不安になってきた

いつもの事か…………実験は確信半分博打半分だしな

てな訳で俺達は山に戻った



「!?」

「わ、私達エルフの里のある御山に何が!?」

ん?酸性雨降らせただけだけど?




「転生しました。しかし、水でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く