転生しました。しかし、水でした。

狂乱さん

勇者?同郷?そんなの関係ねぇ!

「ん?どうしたんだ?クトゥルフ?」

急に話振るなよ、驚いたわ!

「あ…………いや………えっと………クトゥグアって人化すると………その…………かなりの美人なんだなって…………」

あぶねえ、上手く誤魔化す事が出来た、まさかあいつが・・・

男ではなくて女だったとは…………

「ふぇ!?そそそそ、そんな事は…………」

おっしちゃんと誤魔化せてる!

「いや…その…………謙遜することはないと思うぞ」

「ふぇ!?ふえぇぇぇぇぇえ!?!?」

「かっかっかっかっか!なんだ、お前らお似合いじゃないか」

「「な!?」」

おいおい待てこら、余計な事を言うなし、余計意識してしまうではないか!?

「と、ともかく!早く案内してくれないか!」

「かっかっかっかっか!わかってるわかってる」

んの野郎!

「私達が…………お似合い!?…………でも私達はどちらかと言うと姉弟に近いし…………」 

「おーい、目を覚ませクトゥグア!あの人に惑わされんな!」

俺はとりあえず自分の体を水化して叩き起こした

「冷た!?ってそうだ、待ってくれー!」

そして俺達は山の麓まで行った

「ぜーはーぜーはー」

流石にクトゥグアは息切れしていた

「なんだクトゥグア、もうスタミナ切れか?」

「あ…………貴方達が…………異常な…………だけです……あとは………なんで………クトゥルフは………そんな……ピンピン…………してるの…………?」

そんなの決まっている

「液体に疲労など無縁だからな!液体に不可能など無い!」

俺はドヤ顔でそう言った

「言うと思った…………」

「しかし、ほんとに絶景だな」

「そうだろう!そうだろう!」

「ん?あそこは?」

「あぁ、あそこは人間の街、ナポレオンだ」

おいおいナポレオンって…………まさか勇者とかいんのか?

「お前の考えている通り、勇者はいる、それも異世界からのな、確か…………今の勇者の名前は………リオン・クロカワだったかな?」

リオン・クロカワ…………日本人か?それなら

黒河 莉音 って所か?

「長ーー!大変だーーー!」

「何事だ!?」

お?何だ何だ?

「ヤバイ!人間に俺達の住処がバレた!今勇者が山に入った!」

はい?

「よいこらせっと」

俺は体を霧にして森全体を覆った

「おわ!?何だこりゃあ!?」

「安心しろ、俺の体を霧にしただけだ、それより、勇者とやらがどこにいるのかわかったぞ」

「本当か!?」

「監視龍さん!勇者は女の軽装の奴、そして取り巻きに全身鎧フルアーマーの男二人に魔法使いと思われる女と男が一人ずつであってるか?」

「凄いな!それで合ってる!なんとか出来ないか!?」

「了解!やれるだけやってはみる、交渉無理そうなら殺しても大丈夫か?」

「あぁ、でもいいのか?同郷だろう?」

「俺は向こうでは死んでるよ!だから俺の帰る所はここにあるよ!」

「分かった!無理はするなよ!」

「サンキュー!」

そして俺は全身を霧にして勇者?に近づいた


「転生しました。しかし、水でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く