転生しました。しかし、水でした。

狂乱さん

巣に行ってみるか

俺は、クトゥグアに案内してもらって巣に連れてきてもらった

「巣と言うかもはや大洞窟だな…………ははは」

「どうした?ドラゴンの巣なんてみんなこんなものだぞ?これはまだ小さい方だし」

これで小さいとかおかしいわ、だって…………

山一つくり抜いて地下まであるのだから…………

「ははははは……………」

俺は苦笑いしか出来なかった

俺達は中に入って、大きな紅い龍種に会った、種族はフレアドラゴンと言うらしい

「お?なんだクトゥグア、人間なんか連れて、食うのか?それとも世継ぎでも残すのか?」

「どっちも違うわ!この人が前に言ってたクトゥルフだ、今は進化してこの姿になってる」

ちょっとまて、食うはともかく、クトゥグアは男だろ、それじゃあ、ドラゴンはオス同士で行けるのか?

「はぁ?そいつが!?いや、しかし尋常じゃない魔力量だな、人類どころか魔族すら圧倒しているぞ?」

「そりゃ、海之神ポセイドンとやらの干渉で、水神みずがみになったからな」

「はぁ?海之神ポセイドンだと?それに水神みずがみって?そんな種族聞いたこともねぇぞ?」

「俺もだけどな」

「とりあえず、長の所に案内しておくぞ」

「あぁ、ありがとう」

そして俺は軽く20Kmほど歩かされて、ようやく着いた

「長!私です!クトゥグアです!ある者を巣に案内するために来ました!」

「なんだ?その者とは?」

そして、出て来たのは前にも会った、馬鹿でかい、いかにも龍種の長と言う貫禄のある黒く、大型のドラゴンだった

「お久しぶりですね、族長さん、俺ですよ、クトゥルフですよ、この姿でお会いするのは初めてですがね」

「ふぁぁぁぁぁあ!?クククク、クトゥルフだとぉぉぉぉお!?!?!?お前は神水だから動けないはずじゃなかったのか!?」

「あぁ、この前進化しましてね、その時に海之神ポセイドンとやらから干渉を受けて、水神みずがみとやらに進化したらしい」

「む?確かに魔力が尋常じゃないくらいのに上昇しているな?これは軽く7桁を超えているか?」

「正解、よくわかりましたね」

「ドラゴンを甘く見るで無いわ」

おかしいわ、俺ですら感じられねえぞ

「まぁいいけど、んで?どこから見してくれんの?」

「そうだな、まずはこの巣で一番の絶景スポットである頂上に行ってみるか」

おいちょっとまて俺飛べねえぞ!?

「安心しろ、ちゃんと人間用に階段もあるし、俺ら龍種はちゃんと全員人化スキルを持っている」

え?何それ?初耳なんですけど?

「あぁ、そういえば言ってなかったな」

うーむ、鑑定スキル欲しいな、誰かしら捕食すれば手に入るか?

まぁいいか

「さてと俺らも人化をするかね」

そして、二人共が光って、小さくなって人の形を留めていく…………そして…………

現れたのは…………黒褐色のダンディな男、いや、漢と白銀髪の…………美女だった…………

「な!?」



「転生しました。しかし、水でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く