転生しました。しかし、水でした。

狂乱さん

プロローグ、液体とは

"固体、それは何からも影響を受け、なんにでも影響を与える物、気体、何をする事もできず、ただただ影響だけを受けるもの、しかし、液体はどうだろう?液体は無限の可能性を秘めている、全てにおいて最高硬度を持つものだろうと容易く切断する、ちょっとした事で生物を死に至らしめる、生命の維持にも欠かせない、ちょっとした影響で、大災害すらも引き起こす。それこそが液体だ!"

この論文を発表した"清水龍水しみずりゅうすい"は有名になった、ただ誰にでも深く考えれば分かる事に、それを一番追求した人物であった。

しかし、それ故恨まれることも多く、ついには殺されてしまった。

しかし、次に目覚めた時、世界は違っていた。

異世界と呼ばれる物にて龍水の人生は一変した。

自分は水と言う性質を自在に操る事が出来る、神水と言う、意志のある水に生まれ変わっていた。

これは水から成り上がる異世界転生ウォーターファンタジー…………

「転生しました。しかし、水でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く