僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。

きりんのつばさ

話をすればなんとやら

伊予達と一緒に昼ごはんを食べたその日の放課後……

「おい、転校生……調子乗んなよ?」

僕は何故かいかつい奴ら数人にに囲まれていた。
教室掃除のあと、ゴミを校舎裏に持っていこうと思っていたところ今の状況になった。

「はぁ……」

この後、伊予と茜共に買い物に行くと約束していたのでこのままだと2人に怒られる。

「おい聞いてんのかよ」

「はいはい、聞こえてますって。
てかあんたら僕になんの用?」

「ーー湊から手を引け」

「はっ?」

「湊にこれ以上、手を出すな」

「いやいや言葉の意味は分かるけど、何故だい?」

「湊は俺のもんだ。幼馴染だか財閥の跡取りだか知らないがお前が手を出していいもんじゃない」

「そうだ、こいつは湊を好きなんだ。
だから手を引け
ーー引かないとどうなるか分かるよな?」

とその男子生徒は手に持っている棒を見せつける様に見せてきた。よく見ると他の数人も棒などを持っていた。

「話をすればなんとやら……って感じか」

今日の昼、京介が話していた僕に恨みを持っていた奴らとは彼らの事だろう。あーちゃんは学校のアイドルであり、男女共に人気があるのでこういう輩がいると思っていたがまさか本当にこういう場に巻き込まれるとは思わなかった。

「おい、分かったら手を引け」

「ーー断る」

「あぁ?」

「だから断るって言っているんだ。
あーちゃん自身に言われたならしょうがないけど、赤の他人に言われても僕はわざわざ従う必要はないね」

あーちゃん自身が僕に直接言ったのなら僕はそれに従うけど、彼女とは全く関係の無いーーただ何もせずにあーちゃんから好かれようとしている奴らから言われても従う必要が無い。
ーーむしろ、こんな奴らをあーちゃんに近づけさせる訳にはいかない。

「てめぇ……この状況分かってんのか」

「あぁ、分かっているさ。
第一、こんな事をする人間をあーちゃんが好きになるとは到底思わないけどね」

「さっきから調子に乗りやがって……!!」

「まず男なら正々堂々とやったらどうだい?
というか君はあーちゃんに好かれようと何か努力した?
多分してないよね?」

「温室育ちの坊ちゃんが何を偉そうに言ってんじゃねぇぞ!!
おめえらやっちまえ!!」

1人が号令をかけると棒を持っている数人が一斉に僕に棒をふるってきた。僕はまず一番近くにいた人間の手首を掴んで捻り、戦闘不能にした後、棒を奪った。  

「ったく面倒な事になったな……」

こんな事伊予や茜に見つかったら、心配される。
を知っているので尚更だろう。
僕を囲んでいた連中は僕の予想外の動きを見たためか、若干狼狽えていたが、リーダー格の1人がすぐに

「さっきのまぐれだ!!
数で勝っているんだ負けるはずがねぇ!!」

「ーーじゃあやってみるかい?」

「なっ……」

「確かに数では僕が不利だよね。
でも、?」

僕はさっきまで持っていた棒を手放した。

「ーー集団で殴る事しか出来ない様な君らに負けるほど
僕はやわじゃないよ? 」



数分後……

「片付いたかな」

見渡すとそこにはさっきまで僕と喧嘩していた連中らが全員倒れていた。喧嘩してみて分かったのだが連中は集団で数にモノを言わせた喧嘩しか出来ない様で大して張り合いが無かった。
ーーほぼ一方的に僕が殴っていた気がする……。

「……温室育ちの坊ちゃんに負けんのかよ」

倒れている1人がそう苦しそうにつぶやく。

「そうだね、君らは温室育ちの坊ちゃんに負けたんだ。
今日はこれぐらいにしてやるよ」

まぁ喧嘩を振られた方からそのセリフをいうのはなんかおかしい気がするけどとりあえず言っておく。

「……てめぇ、本当に温室育ちかよ。
さっき……殴っている際の顔……普通じゃ」

「さぁどうだろうね。
ーー少なからずそれを言う必要が僕には無いかな」

「……ハハッ」

「どうした? 痛みで頭がおかしくなったか?」

「お前……終わったな……」

「終わった?」

「う、後ろ……見てみろよ……」

「後ろ?」

と言われるまま後ろを見るとそこには……




「ーーゆ、ゆ、ゆーちゃん……?」

そこにはあーちゃんが驚きの表情を浮かべ立っていた。

「あーちゃん……どうして……ここに?」

「ゴミ出しから帰ってこないから……見にきたら……
ゆーちゃん……嘘だよね? ゆーちゃんがこんな事するはずが無いよね……?」

「あーちゃん……こ、これには……」

とりあえずあーちゃんの誤解を解こうと彼女に近づこうとしたのだが……

「い、嫌……来ないで……」

「……っ!?」

彼女から言われた一言が僕の胸に強く刺さる。
そうーーまるでの様に

「あっ……」

「……だよね、ごめんあーちゃん。
普通こういう事する人間に対してそんな反応するよね」

「ご、ごめん!! そ、そうじゃないの……ゆ、ゆーちゃんが
何も考えずにそんな事しないよね……」

「ううん、無理しなくていいよ」

「な、何か理由があったんだよね?
そ、そうだ!! あの人達から挑まれたんだーー」

「ーー早くどっか行きなよ。
ここは危険だからさ」

「ゆーちゃん!!」

「早く行けっての!!」

「っ!?
ーーご、ご、ごめんなさい!!」

あーちゃんは泣きながらその場から走り去っていった。

「あぁ……なんで僕は……こういう事しか出来ない……
やってられないな……」

誰に言い聞かせる訳でも無く、ただ1人呟いた。

「僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ハジメ

    更新待ってました!
    面白いのでこれからも頑張って下さい
    応援してます

    1
  • リネラス パルメ

    更新ありがとうございます

    2
コメントを書く