僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。

きりんのつばさ

既成事実とは?

伊代と合流したあと、4人で話をしながら家まで
向かった。
「ここがゆーちゃんの家?」
「正式には学生寮なんだけどね」
「・・確かこの寮って1番家賃高いんじゃ?」
「どうせ、親の金だし」
「さすが、お兄様。いうことが違いますね‼️」
「だってあの人の金だし。1番高いのを選んでも
何もこまらんだろ」
あの人は僕と母さんに酷い事をした。それ相当の
物を貰っても、文句は言えまい。
「・・お兄様」
と気まずそうな顔をした。
「伊代は気にしなくていいよ」
・・だって問題は僕自身の心なのだから

「ただいま」
ドタドタ
「お帰りなさいませ〜〜坊ちゃん〜〜‼️」
と僕に向かって抱きついて来ようとしたので僕は
避けた。その結果、茜は派手にこけた。
「坊ちゃん⁉️何故私のハグを避けたのですか⁉️」
「いや、バグにしては助走長いだろ・・ついタックル
かと勘違いしたよ」
・・無論嘘である。
「坊ちゃん、スキあり‼️」
と茜は起き上がると僕の背中に抱きついてきた。
「いや〜〜坊ちゃん成分充電中〜〜」
背中に抱きつかれると、茜のモノの食感がダイレクトに
伝わって困る・・それを見てた伊代は
「ちょっと茜さん⁉️何お兄様に抱きついているん
ですか⁉️離れなさい・・‼️」
「嫌です〜この茜、テコでも動きません」
「じゃあ私も抱きつきます‼️」
と僕の正面に伊代が抱きついてきた。
「明日香も、抱きついたら?」
「流石にゆーちゃんが困るよ・・・」
「どさくさに紛れて既成事実を作る‼️これであの子の
ハートをゲット‼️って雑誌に書いてあったよ」
・・守山さん、それはゲットじゃなくて、逃げ道を
無くしているだけでは?
「・・既成事実、既成事実、うん、そうだね」
と右腕にあーちゃんが抱きついてきた。
「あーちゃん、何しているの?」
「既成事実を作ろうかなと」
・・抱きつく事がかい?
「じゃあ、私もどさくさに・・」
「守山さん、やめてよね?」
「チッ、感がいいヤツめ」
「いやいや、感じゃなくても聞いていれば
わかるだろうよ・・てか靴脱がせてくれないかな」

「広いね〜」
「さすが御曹司は違うね〜」
「でしょ⁉️この坊ちゃんから滲み出るオーラ‼️
まさにグレートッ‼️まさにエレガントッ‼️」
「・・茜、何してるの?」
「坊ちゃんのオーラの話です」
「そんなんどうでもいいから、2人を案内しようよ」
「それは失礼しました。では、湊様、守山様
こちらにどうぞ」
と普段のメイドモードに戻った茜は2人を案内して
いた。
「茜さんって普段は普通に仕事できるんですね
・・たまにネジ外れますが」
「伊代、君は人のこと言えないと思うが・・」
・・だって普段じゃない茜と張り合っているのが
君なんだぜ?本人自覚ないだろうがが
「何をおっしゃいますか、私だって自覚してます」
「あれ、心読んだ?」
「私の方がお兄様を愛しているということです‼️」
「・・・・」
・・・・・ダメだなこりゃ

「僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く