僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。

きりんのつばさ

守山三春編 リフレイン・パスト

僕らは一通りゲーセンで遊んだ後、ショッピング
モール内にあるフードコートにいた。
「いや〜〜遊んだね〜〜」
と守山さんが飲み物を片手に言った。
「確かに久しぶりにあんなに遊んだかも」
・・引っ越す前までは色々とごたついでいたし。
「ねぇ筧くんって前はどの高校に通っていたの?」
筑紫学園つくしがくえんだよ」
「本当に⁉️あそこって超お坊ちゃんお嬢様が通う
中高一貫校じゃん‼️」

ーー私立筑紫学園
全国から特にお金持ちの子息が集まる中高一貫校。
敷地は鷹優に比べて流石に狭いがそれでも国内有数の
敷地を持っている。
それ以外にも生徒個人個人で専用の部屋や専属の
執事やメイドを連れてくることも可能だった。
ちなみに僕は勿論茜を連れていくことを茜に強制
させられた。
となどなど特徴は様々あるが、僕個人はそこにあまり
いい思い出がない。そのため記憶の片隅に追いやって
きたつもりだ。
「そうみたいだね。僕個人はあまり興味が無かった」
「そうなの?じゃあお坊ちゃんお嬢様の高いプライド
のぶつかり合いもあったの?」
「そりゃ毎日。学食の席取りや、部活の選手選び
に至るまで見飽きたよ」
「ちなみに筧くんは部活を何を?」
「帰宅部」
「へぇ」
「なんか親の名前知って近づいてくる部活ばかり
で嫌になった」
「・・・なんかごめん」
「いいよ、もう過去だし」
・・実際はまだ割り切ってないが前よりはマシかな
「そうなの?」
とこれ以上追求されたくない僕は話を変えることにした
「守山さんっていつも夜ご飯どうしてるの?」
「私?自炊か外食かな」
「良かったら、うちでご飯食べる?」
「本当⁉️でも何で?」
「今日久しぶりに楽しめたらから、そのお礼で」
「じゃあ明日香も誘っていい?」
「あーちゃんならいいよ」
と急遽自宅で大人数でご飯を食べることになった。


「僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く