僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。

きりんのつばさ

橘 茜編 夜、リビング、メイドと共に

なんとか無事に?校内散策が終わり、家に帰って
きた僕、伊代、茜の3人。その後、茜がテキパキと
準備をこなし晩御飯となり、風呂に入った。風呂に
茜や伊代が入ってきそうになり一悶着あったがそれは
また今度にでも。

そしてそれから暫くたったとある日。
僕は自室に戻り、予習と復習を終え、後は
寝るだけになった。
「最近本当に楽しいな」
この学校に来てまだ数日だが、今までで1番充実
していると僕は感じていた。
「伊代、茜、あーちゃんに守山さん」
いい人に恵まれていると改めて思った。
・・京介?誰だいそいつ?
伊代や茜と笑って朝ごはん食べて、そして一緒に
登校して、学校についたらあーちゃん、守山さんと
話して、京介とも色々と話して、クラスメイトも
いい人ばかりだ。
「この学校に来てよかった」
と本心から思えるようになった。
と考えていたら不意に喉が渇いてしまい、リビングに
向かった。

リビングでは茜が何かを書いていた。
「おや、坊ちゃんどうかされましたか?とうとう
私を夜のお供にする覚悟をきめましたか⁉️」
「してないし‼️あと女の子がそんな事を言っては
いけません」
「ちぇっ、ここで既成事実を作れば・・」
「いやいや作るなよ⁉️」
「まぁ冗談はここまでにしておいて、何か御用でも
ございますか?」
「いや、何か飲もうと思って」
「ではココアはいかがでしょうか?丁度私も
飲みたいと思っていましたので」
「じゃあよろしく」
「かしこまりました」
と相変わらずテキパキと動いてココアを作っていた。

「出来ましたよ」
「ありがとう、茜」
「いえいえ、メイドですから」
「いやいやメイドでもありがたいよ。今度何かお礼
でもしないと」
「では、きゅう・・・」
「給料3ヶ月分って言うのは禁止な」
「ガーン‼️」
「言うつもりだったのね⁉️」
「ギブミー給料3ヶ月分‼️」
「英語で言うな‼️」
「まぁ冗談は程々にして」
「茜が言うと冗談に聞こえないんだよな・・」
・・主に給料3ヶ月分のところ
「坊ちゃん、最近変わられましたね」
「そうかい?」
「ええ、これでも坊ちゃんのお顔を毎日見ています
ので。最近、笑顔が多くなられましたよ」
「確かにそうかも」
茜や伊代のおかげで毎日楽しく食事が出来るし
あーちゃんや守山さんのおかげでクラスでも浮かずに
楽しめているし、言われてみれば笑顔が増えたのかも
しれない。
「これもこの私のおかげですね‼️」
「確かにそうかもね」
「え?」
とポカンとした茜
「いやいやご冗談がお得意で」
「冗談じゃないよ。茜の笑顔のおかげで毎日楽しく
生活できてるし、日々家事もしっかりやってくれるし
毎日感謝してるよ」
「ぼ、ぼ、坊ちゃん?」
といつものハイテンションはどこに言ったのやら
とても慌てている。
・・茜は攻めることには優れているが、自身が
褒められる事には慣れていない。
と僕はたまには日頃の仕返しをしてみる事にした。
「茜」
と僕は茜の手を握った。
「は、はい⁉️」
とさっきよりも倍以上慌て始めた。
「僕は茜にはいつもとても感謝しているんだ。だから
これからもよろしくお願いするね」
「ぼ、ぼ、ぼ、坊ちゃんがわ、わ、私の手を握って
・・・ふにゃ〜」
と顔が真っ赤になり、力が抜けた。
「お〜い茜、茜さんやーい」
と呼びかけてみるものも
「坊ちゃんが、坊ちゃんが」
と混乱しているようだった。
「こりゃやり過ぎたかな?」
若干自分の行いに反省し、混乱している茜を抱っこし
僕の布団に寝かした。
「で、ここで1つ問題が生じる」
それは僕自身がどこで寝るのかということだ。
今、僕の布団には茜が寝ている。茜の布団が
空いているので、そこに寝れば数の問題的には大丈夫
なのだろうが、僕の理性が心配である。
「なるとリビングのソファーだけか」
と僕は自分の上着を掛け布団がわりに使いソファー
で寝る事にした。

「僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く