僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。

きりんのつばさ

ケサカラ、ハラン、パサラン

そして翌日
僕は6時半にセットした目覚ましで起きた
「よし、今日も頑張るか・・・ん体が重い?」
と右を見ると
「すぅ〜・・・」
と伊代が右腕をホールドし
「ふにゃ・・・」
と茜が左腕をホールドして
2人とも寝ていた。
・・・しかも僕のベットで。
「何やってんの〜⁉︎」
朝から騒がしくなるのであった。

「2人ともなんでベットに入ってきたの?」
「お兄様に夜這いを仕掛けに」
・・とうとうこの子、言っちゃったよ。
「片時も坊ちゃんから離れないために?」
・・何故疑問形?
「あのね・・女の子がそう簡単に
男の布団に入ってきては駄目でしょ?」
「お兄様だからいい」
「坊ちゃんですからいい」
説得は諦めよう。
「もういいや、何でもない」
「というかお兄様は私を女の子として
意識しているんですね‼︎」
「するか⁉︎君、妹だよね⁉︎」
「やりましたね‼︎伊代様‼︎」
「ありがとう茜さん‼︎」
と何か2人は盛り上がっていたので
ほっとくことにしよう。
だって疲れそうだし・・

と何だが騒がしい朝食を終え
僕と伊代は学校に行く時間になった。
「お兄様、一緒に行きましょう」
「・・先に行ってくれ。僕は後でいくよ」
「何故ですか?」
「そりゃ僕と一緒だと伊代がクラスメイトに
何言われるか分からないでしょ?」
「私は構いません。お兄様と
いけないでしたら私は休みます」
「おいおい、学年主席が休んだらまずいだろ」
「私にとっては学年主席やクラスメイトよりも
お兄様が優先です」
「いや、それは・・・」
「どうしても駄目ですか・・・?」
と上目遣いをしてきた。
昔からこの目をされるのが僕は苦手だった。
「・・分かったよ。一緒に行こう」
「はい‼︎流石私のお兄様‼︎」
と一気に向日葵のような笑顔を僕に向けてきた。
この笑顔にも僕は昔から弱かった。
そして気がついたら僕の左腕に絡んできた。
「さ、さ、流石にこれはまずいかな」
「さぁ‼︎行きましょう〜〜‼︎」
と僕は伊代に言われるまま学校に向かった。

通学路になると周りの学生が僕らの方を
見てくるようになった。
「これは・・・心臓に悪い」
・・特に男子生徒からの目線が痛い。
流石我が妹だと改めて思った。
何か転入2日目から大変なんだけど。
「お兄様は今日のお昼ご飯はどうされますか?」
と我が妹は僕の心情を知らずなのか
昼ご飯のことを聞いてきた。
「そうだね・・・学食にでも行こうかな」
「分かりました。では私もそうします」
「あ、ゆうちゃん〜〜‼︎」
と誰が僕を呼んだ。
「あーちゃん、おはよう」
「うん‼︎おはよう〜〜‼︎」
と声をかけてきたのは
あーちゃんこと湊明日香だった。
「・・お兄様。この方は誰ですか?」
「・・ゆーちゃん、この子誰?」
と2人の質問が被った。
「ああ、この子は僕の妹の伊代」
「妹?あれ、ゆーちゃんって妹といたっけ?」
・・そうだ。この2人面識ないんだ‼︎
僕があーちゃんと別れたのが10年前
そして伊代と兄妹になったのが
あーちゃんと別れてすぐの時だった。
・・取り敢えず、その出来事はおいておこう。
話すと長くなるし。
「ああ、僕の親が再婚したんだ。
だからあーちゃんが知らないはず」
「そう・・伊代ちゃんか・・
私は湊明日香。ゆーちゃんの幼馴染だよ」
「・・お兄様、私、幼馴染がいたなんて
聞いたことないんですけど・・?」
と若干伊代が怒っている。
「まぁもう会うことも無いかなって
思っていたからさ。話していなかった」
「そうですか。湊様、私は筧伊代と申します。
私の兄が昔お世話になっていたようで」
「様はつけないでよ〜〜明日香でいいよ〜」
「分かりました。では明日香さん。
これからよろしくお願いします」
「うん‼︎よろしくね〜‼︎で、取り敢えず」
と区切ると僕と伊代を見ると
「兄と妹にしては距離が近すぎない?」
「そうだよな?」と僕
「いえ、これが兄妹の正しい距離です。
妹は兄の右腕に掴まるという権利があります」
「「そんなのあるか‼︎」」
と僕とあーちゃん
「お兄様、恥ずかしがらずにいいんですよ?」
「なら私も」とあーちゃんが僕の左腕に掴まった。
「あーちゃん‼︎」
「幼馴染は幼馴染の腕に掴まる義務があるの」
「そんな義務あるか‼︎」
・・というかあってたまるか。
「むむ、明日香さん、そうきましたか」
「伊代ちゃんもやるね?」
「あの〜僕が大変なんだけど」
だって両腕が自由に動かせないって
意外と歩きにくいんだよ?
「「何か文句あるの?」」と2人から睨まれ
「いえ、何も文句はありません」
としか答えられなかった。

この状態は伊代が1年生の昇降口に行くまで続いた。

「僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く