僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。

きりんのつばさ

橘茜 編 メイドの思い

「ふぅ・・」
と今日のひと通りの家事を終え
坊ちゃんと伊代様がお眠りになられた後
私はリビングの椅子に座って一息着いた。
「流石にいきなりすぎましたかね・・?」
坊ちゃんが鷹優学院に転入し
1人暮らしすると聞き
いてもたってもいられず
押しかける形になってしまった。
坊ちゃんを驚かせるため他のメイド達に
助けをかりサプライズを仕掛けた。
「にしても坊ちゃんのあの顔、いいですね〜」
・・私が箱から飛び出した際に驚いた顔。
写真に撮っておけば良かったと
今更ながら後悔をしている私がいた。
・・まぁ私のパソコンには坊ちゃんの
あらゆる写真が保存してあるので
構わないと言ってしまえば
そうなのだが、坊ちゃん自身が
驚くのが珍しいので欲しかった。

ただ今の最大の危機は・・
「伊代様がまさか隣に来るとは・・・」
そして同居になるとは思ってなかった。
私と伊代様は坊ちゃんを
巡ってよく喧嘩をしている。
それを坊ちゃんは優しく止めに入る。
私達が調子に乗りすぎると怒るが・・
「まぁそれが坊ちゃんの
いいところなんですけど」
坊ちゃんは伊代様や私だけではなく
周りみんなに優しい。
というかお人好し過ぎてこっちが
心配になるぐらい優しいのである。
「出来ればその優しさを私だけに
向けて欲しいというのは
難しいのでしょうね・・」
・・何故ならば私は坊ちゃんに
仕えるメイドだから。
使用人が主人に恋愛感情を持ってはいけない。
小説では主人に恋愛感情を持って
成功している場面があるが
現実はそう甘くない。
ただそう思うたびに胸が痛い。
私もかなり重症なのだろう。
何故なら坊ちゃんが心配で
わざわざ押しかけしまうのだから。
「優希坊ちゃん・・」
私の愛しい人の名前を呼んでみる。
それだけで心が幸せで一杯になる。
「坊ちゃんがいる場所
それこそ茜がいる場所です。
どこでもお供させていただきます」

ーーー私を助けてくれた人

ーーー私が好きな人

ーーー私の人生そのもの

「優希坊ちゃん、私はあなた様を愛しています」

「僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く