僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。

きりんのつばさ

再会。優希視点

そして僕らは学校に着いた。
「ここが鷹優学院か・・・」
今日から2年間学ぶ事になる学校を見て
改めて学校の大きさを実感した。
「ようこそ!私達の母校へ‼︎
ところで優希くんはクラスどこか分かる?」
「いや、とりあえず職員室に来いと
言われたから職員室に行くよ。
あれ、なんか大きい板がいくつもあるんだけど・・」
「あれは新入生のクラス分けだよ。
この学校はクラスが3年間、固定なんだよ」
「へぇ〜固定か」
「何か今年の新入生に入試で満点を
取った子がいるらしいよ」
「うわ〜漫画みたいな子がいるんだね」
「ちなみに新入生においての主席は
看板の一番上に書いてあるよ」
「試しに見てみようか」
と僕達はクラス分けの看板を見に行き
見てみた。そこに書いてあった名は

筧伊代かけいいよ

と書いてあった。

「嘘だろ・・・」
「筧なんだ・・筧くんと同じ名字だね。知り合い?」
「いや、知り合いのレベルじゃない・・」


「見つけました、お兄様‼︎」
と僕らが後ろを振り向くと
黒髪を腰近くまで伸ばした女子がいた。
「お兄様?」
「な、なんで、こ、こ、ここにいるの?」
「あれ筧くんどうしたの?」
と守山さんが不思議そうに聞いてきた。
「あ、すみません。自己紹介を忘れていました。
私は筧伊代と言います。私の兄がお世話になります」
「兄?」
「ああ、伊代は僕の妹なんだ・・」
「ええ〜⁉︎妹⁉︎」
「ちょっと‼︎声が大きい」
「あ、ごめん。でも妹と同じ学校にくるなんて」
「いや、僕は知らなかった。
伊代なんでこの学校に来たの?」
「それは、お兄様がいるからです」
「「へっ?」」
と僕と守山さんがハモった。
「私はお兄様に合うために鷹優を受けました。
だってお兄様と離れ離れは寂しすぎます」
「そ、そうか?」
「はい、私にとってお兄様は全てです」
「いや〜筧くん愛されているね〜
私は守山三春て言うよ。よろしく伊代ちゃん‼︎」
「はい、守山さん。よろしくお願いしますね」
と2人が握手をしている場面を見ていた。
伊代は兄としての贔屓目を
無くしても可愛い子だった。
守山さんは明るい向日葵のような可愛さだが
伊代は百合のような綺麗さだった。
「大変申し訳ないですが、新入生挨拶で
打ち合わせをしなければならないので
一度失礼します」
「ああ、行ってらっしゃい。頑張ってね」
と僕が言うと可愛い笑顔で微笑み
「はい‼︎」
と行って去っていった。

「筧くん〜君中々愛されているじゃないですか〜
羨ましいな〜私も妹ほしい〜‼︎」
「伊代はあげないよ?」
「てか、あの子可愛いすぎる‼︎抱きたい‼︎
ねえねえ次会ったら抱きしめていい‼︎
モフモフしたい‼︎」
と守山さんはなんか暴走していた。

続きます

「僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く