僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。

きりんのつばさ

出会い その1

「朝か」
時間を見ると6時だった。
まだ寝られたが初日に遅刻は
許されないと思い、起きる事にした。
そして朝飯を食べた後
制服に着替えて、学校に向かった。

「うわーん‼︎誰か助けて〜‼︎」
と声がする方を向くと
女の子が犬に追いかけられていた。
制服をみるとうちの制服だった。
「何やっているんだ・・・?」
と暫く見ていよう思ったが
流石に可哀想だと思い助ける事にした。

「よかった〜助かりました〜」
「いや、いいんだ」
と改めて助けた?相手をみると、中々可愛いかった。
「すみませんが貴方は名前は?」
「僕?僕は筧優希、2年生だよ」
「2年生なんだ!私と同じだね‼︎」とずずっと前のめりにこちらに来た。
「あ、あの近い・・」
「あ、ごめん‼︎私は守山三春もりやまみはる
言うんだ。よろしく‼︎」
「ああよろしく」と握手を交わした。
・・あれ、まさかの異性と初めての握手じゃね?
マジで‼︎やった〜‼︎
「じゃあさ、ここであったのも何かの縁だからさ
一緒に学校行こうよ‼︎」
「いいよ。丁度道もあやふやだったし」
・・・助かった〜。
「あれ、2年生だよね?」
「実は僕今日から転校してきたんだ」
「転校生‼︎この時期に転校なんて珍しいね」
「親の転勤で」
・・とりあえず当たり障りのない事を言っておく。
本当の理由は初対面の人に
言えるものではないだろうからね。
「へぇ〜部活は何かやるの?」
「いや入らないかな。ちなみに守山さんは
部活に入っているの?」
「私は陸上だよ。これでも特待生なんです!」
エッヘンという擬音語が聞こえてきそうな
ポーズを彼女はとっていた。
「その割には犬に迫られて泣きそうだったけど」
と僕が言うと彼女は顔を赤くし
「あれは忘れて‼︎私どうしても犬が苦手で」
「へぇ〜そりゃ半泣きになるよね」
「だから忘れてよ〜‼︎」

と僕らは賑やかに学校まで話しながら向かった。

「僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く