僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。

きりんのつばさ

プロローグ〜彼の帰還というか青春の始まり〜

3月30日

「よし、荷物運び終わり‼︎」
と午前からやっていた引っ越しが終わった。
これから僕は色々理由があり一人暮らしを
行う事になった。
そう言えば僕の自己紹介を忘れていましたね。
僕の名前は筧優希かけい ゆうき
この春から近くの私立鷹優おうゆう学院に
転校する事になった高校2年生だよ。
「にしても我ながら変な時期に転校したな〜」
今回、僕が転校してきた理由は
また今度話すとしよう。
僕はとりあえずは飯の準備に取り掛かった。

僕が引っ越してきたのは緒原町という
田舎と都会の中間ぐらいに当てはまる町で、
ショッピングモールや遊べるところがいくつも
あるが緑も豊かで最近は暮らしたい町の
トップ10にランクインしたらしい。
そしてこの緒原町が有名な理由が鷹優学院である。
全生徒2000を超え、敷地内にいくつもの
寮がある、全寮制の学校。
進学率も高いため、県外からも志望者が
沢山来る全国屈指のマンモス学校。


実は昔、何年間か僕はこの町で暮らしていた。
その時、仲よかった子がいた気がするが、
顔が思い出せない。
「実はその子が超絶美少女になっていたりして」

・・・あ、あのね、実はあの時から
優希を好きだったの‼︎だから私と付き合って‼︎

流石にそりゃないか。なんせ10年も前だからね。
「そんな都合のいい話はないか・・なんせ僕は」
・・恋というものに興味がもう無い。
「何せ色々あったしな〜」


-全部お前のせいで‼︎
-どう責任とってくれるの‼︎
-筧、お前にはこの学校をやめてもらう
-この、一族の面汚しが‼︎もう顔も見たくないわ‼︎

「ああ〜嫌な思い出を思い出したな・・」
・・とりあえず明日に構えて寝るか。

「僕と彼女たちのありきたりなようで、ありきたりではない日常。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く